ボンビーガールいくみさんのwiki風プロフ!韓国人の彼氏に会いに留学・渡韓

2021年1月26日に放送される「ボンビーガール」に好きな人に会うため貯金全額使って韓国へ渡る26歳のボンビーガールが登場します。

彼女の名前は「いくみさん」。

いくみさんはコロナ禍により会えなくなった韓国にいる彼氏に会うために韓国の大学に留学されたようです。

この記事では、いくみさんのプロフィールや韓国にいる彼氏とは会えたのかを紹介していきます。

【ボンビーガール】いくみ(斉藤郁美)さんのプロフィール!法政大出身で韓国好き

プロフィール
  • 名前:斉藤 郁美(さいとう いくみ)
  • 生年月日:1994年4月2日(26歳)
  • 高校:法政大学女子高校(神奈川)※現在は法政国際大学高校
  • 大学:法政大学 人間環境学部
いくみさんのSNS

※リンク先に飛びます

いくみさんは現在、韓国の大学に留学している26歳のボンビーガール。

一見普通の女性に見えますがかなりの経歴の持ち主。

法政大学在学中にはインターンでスタートアップ企業の(株)カカドゥの立ち上げに貢献。

卒業後は新卒として(株)カカドゥに入社。

(株)カカドゥとは

美容院・ネイルの口コミサイト「サロンリスト」を運営。

本物の占い師に占ってもらえる「アルカナ」というアプリも手掛けている。

公式Twitter:https://twitter.com/kakadu_news

会社のホームページにはメディア事業責任者としていくみさんが紹介されています。

(画像引用:https://kakadu.jp/)

いくみさんは会社で展開していた美容系のwebメディアmacaronの編集長も務められていたことも。

鈴木奈々さんの美容関連の記事150近くのはてブを集めた実績があります。

また、いくみさんは鈴木奈々さんに非常に憧れていたようで、鈴木奈々のそっくりさんとしてものまね番組にも出演。

鈴木奈々さん公認の妹❞と紹介されるまでに。

鈴木奈々さんは16歳の時に茨城のギャルサーに所属。

いくみさんも高校時代に渋谷の有名なギャルサーの代表を務めていたようで鈴木さんと似た過去をお持ちではあります。

このようにいくみさんは高校時代はギャルサーの代表。

大学在学中は創設間もないスタートアップ企業の立ち上げに貢献され、美容メディアの編集長も担当するなどかなりやり手の人物である事が分かります。

一方、プライベートでは美容や韓国好きのようで自身のブログでも韓国好きの方に向けた記事を書かれています。

いくみさんのブログ→https://ikumin.pink/

 

2020年11月から韓国の弘益大学に留学!彼氏とは会えたのか

確認する限りではいくみさんと韓国人である彼氏さんは2年以上交際しているようです。

出会いはクラブとのこと。

2020年1月まで日本で半同棲していたようですが、彼氏のビザが切れた事により彼氏は帰国して2月からは遠距離恋愛に。

ちょうどコロナが世界各地で流行し始めた頃で、現在まで会えない日々が続いているようです。

コロナ禍で好きな韓国に行けず、加えて彼氏に会えない事からいくみさんは貯金を使い果たして昨年の11月に韓国の弘益大学に留学

弘益大学の場所

弘益大学は首都であるソウルの近くにあります。

現在は大学に通いながら1人暮らしをしているようです。

そして、今回いくみさんは批判を受ける覚悟でテレビ出演をされたようですが果たして彼氏とは会えたのでしょうか。

いくみさんは日本に帰らないつもりで韓国に留学。

ただ、彼氏は身内が不幸で亡くなったりスマホが壊れたりなどを理由に会う事はできず。

痺れを切らしたいくみさんは彼氏が働く職場に。

久しぶりの対面も素っ気ない彼氏。

視聴者の多くが破局を予想されましたが、後日2人はいくみさんの家でくつろぐ姿が映しだされました。

どうやら彼氏はシャイらしく職場での再会であった事から素っ気なかったとのこと。

最後に「いくみさんといると心温まる」とコメントを残し、最悪の展開にはならなかったようです。