橋本崇載の絶対に許せない者は誰?奥さんの両親と弁護士が無理矢理引退させた

奥さんが子供を連れ去ったことで将棋界からの引退を発表された橋本崇載(はしもとたかのり)さん。橋本崇載さんによれば妻とは不仲ではなく育児の手伝いもしていたと。そして、橋本崇載さんは奥さん以外に絶対に許せない存在がいると発言。橋本崇載さんの絶対に許せない存在とは誰なのか。

将棋・橋本崇載の「絶対に許せない者」は奥さんの両親と弁護士?

橋本崇載さんは奥さんが息子の結翔(ゆうと)くんを連れ去ったことで将棋界から引退し、弁護士を立てて結翔くんを連れ戻すため取り組みを行っています。一部では橋本崇載さんと奥さんの不仲や育児放棄、どちらかの不貞行為の噂がありましたがいずれも橋本崇載さんが否定。

そして、橋本崇載さんは奥さん以外に絶対に許せない存在がいると発言されています。

橋本崇載さんが奥さん以外で絶対に許せない存在と考える人物がいるとすれば、奥さん側の弁護士あるいは奥さんの両親(義理の父母)が考えられます。橋本崇載さんは奥さんの両親を説得しに行った際「地獄の始まりだった」とYoutubeにあげた動画で発言されていました。

詳細はこちらの記事「橋本崇載(ハッシー)の引退理由公表動画」で紹介しています。

また、橋本崇載さんは奥さんが弁護士と手を組んだことに対しても決して良いとは感じていなかったように見えます。そのため一部では橋本崇載さんの奥さん側の弁護士は離婚ビジネスとして捉えられているとの声があります。

弁護士は、離婚時の養育費算定が多いほど利益を得られると言われています。橋本崇載さんの奥さん側の弁護士としては、離婚させて子供の親権が奥さん側に渡る。そして、結翔くんの養育費を橋本崇載さんが支払うことになるのが目的なはずです。養育費が発生すればその分弁護士報酬も上がることになりますから。

 

橋本崇載(はしもとたかのり)の将棋引退を義理の両親と弁護士が後押し!

一般的に離婚した場合の親権は母親に渡るイメージがあります。離婚した後に親権を父母どちらに渡すかは子供を監督していた時間、つまり一緒にいた時間が多い方が有利になるそうです。さらに、10歳未満の子供であれば特別な事情がない限り基本的には母親に親権が渡るとのこと。

父母いずれかを親権者として決めるうえで最も優先されることは、その子供の生活や利益が最大限考慮されますので、そういう面ではこれまでの監督実績、つまり接していた時間という点は特に重要視される傾向にあるようです。

実際に親権を争う裁判においても8割近くが母親を親権者とする判決に至っており、また10歳未満の子供の親権については、特別な事情がない限り母親を親権者とするのが一般的です。

(引用:https://www.plus-yokohama.com/)

以上のことを踏まえると橋本崇載さんは育児をしていたとはいえ奥さんと比べると、結翔くんと一緒にいた時間は少ないはずです。さらに、結翔くんは2歳ですから奥さん側に親権が渡る可能性が非常に高いです。橋本崇載さんは現在、奥さんと離婚協議中であることも述べられていました。

そして、橋本崇載さんによると奥さん側の弁護士は離婚を推奨する離婚ビジネス弁護士と判明。また、義理の両親も橋本崇載さんの説得にほとんど応じず「よくある夫婦喧嘩」と言って相手にしなかったとのこと。

橋本崇載さんからすれば奥さん側の弁護士がまともな対応してくれず、奥さんの両親も奥さんや弁護士と結託して結翔くんの連れ去りを黙認していたわけです。奥さんの両親将棋界引退を後押ししたということになります。

 

橋本崇載(はしもとたかのり)・ハッシーのプロフィール

橋本崇載さんのプロフィール
  • 橋本 崇載(はしもと たかのり)
  • あだ名:ハッシー
  • 生年月日:1983年3月3日(38歳)
  • 出身地:石川県小松市
  • 所属事務所:エイピーエンタテインメント
  • プロ入り:2001年4月1日
  • 引退:2021年4月2日
[aside]成績

  • 通算成績 414勝303敗
  • 竜王戦クラス 1組10期
  • 順位戦クラス A級1期
[/aside]

橋本崇載さんは将棋界の風雲児としてこれまで将棋の普及のために数多くの話題を作られています。2004年のNHK杯テレビ将棋トーナメントに出場した際には金髪のパンチパーマという髪型に、紫色のワイシャツスタイルで登場。以降も奇抜なスタイルで登場し将棋界の陽キャラとして人気を集めました。

また、2015年にはNHK杯テレビ将棋トーナメントの準決勝第においてて、トップ棋士の対局としては異例の二歩の反則負けをしたことでも話題になりました。

[aside]二歩(にふ)とは

自分の歩兵が配置されている筋に、持ち駒の歩兵を打つ手のこと。将棋の禁じ手の一つである。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

[/aside]

パフォーマンスに注目が集まりがちな橋本崇載さんですが、将棋の実力も素晴らしいです。橋本崇載さんは11歳で将棋界のプロ養成機関である奨励会に入門し18歳でプロデビュー。羽生善治さんにも2勝されており引退まで400勝以上をあげています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です