VS魂:ダウトすごろく(チャオチャオ)のルールやり方!勝敗や結果も【だまし魂】

2021年1月3日に放送された「VS魂」で行われたDAMASHI魂のボードゲーム❝ダウト×スゴロク❞が話題になっています。

ダウト×スゴロクはチャオチャオというボードゲームをアレンジしたもので、サイコロと紙コップさえあればお家で簡単に再現できるゲームという事で注目が集まっているようです。

この記事では、VS魂のDAMASHI魂で行われたダウト×スゴロクのルール・やり方と勝敗について紹介していきます。

【vs魂 だまし魂】ダウト×スゴロク(チャオチャオ)のルールやり方!

ダウト×スゴロクは❝チャオチャオ❞というボードゲームを番組オリジナルのルールにアレンジしたようです。

チャオチャオとは

サイコロを振ってコマを進めるすごろくゲームです。

でも、それほど単純ではありません。

振ったサイコロの目は自分だけで見て出た目を宣言してその数コマを進めます。

ほかのプレーヤーは、本当のことを言っているかどうか推理するのです。

また、サイコロには2面に「×」が描かれています。それでも数字を宣言する必要があります。

この時は必ずウソをつく必要があるのです。

いかに見破られないようにするか。

演技か、顔色を変えないポーカーフェイスか。

(引用:https://www.amazon.co.jp/)

そして、勝敗はサイコロを振って5つあるコマの内2つをゴールさせれば勝利となります。

ダウト×スゴロクの基本ルール
  • サイコロを振って5つあるコマの内2つを最初にゴールさせた人が勝利。
  • サイコロは1~4とドクロ目が2つある特別なすごろくを使用。(無い場合5・6をドクロ代わりにする)
  • 1~4が出た場合はそのまま申告し、ドクロが出た場合は1~4の数字を申告。
  • プレーヤーが嘘をついていると思えばダマシを宣言し、そうでない場合はスルーを宣言。
  • ダマシが成功すればウソを見破ったプレーヤーのコマを落とし、 ウソの申告をしていた数字分コマを進めることが可能。
  • ダマシが失敗すれば自身のコマを失う。
  • 最初にゴールすれば1点、2番目は2点と誰かがゴールするたびに点数が上がっていく。
ダウト×スゴロクの補足ルール

  • 全員のコマがなくなった場合は得点が多い人の勝利となる。
  • 1つゴールしてから全てのコマを失ったプレーヤーは、 ゴールしたコマを賭けてダマシを発動することが可能。(ダマシが失敗すれば脱落)
  • プレイ人数は4人
  • 順番はじゃんけんで勝利した人もしくはサイコロを振って1番大きい出目が出た人から右回りに。
  • マスの数は7マス。(1~6マス+ゴールマス)

ダウト×スゴロクはコマを全て失ったとしても1度ゴールしてさえいれば、ゴールしたコマを使ってダマシを宣言する事が可能。

そのため、ダマシを成功し続けて他のプレーヤーのコマを失くせば遅くゴールしてもポイントにより逆転する事が出来るため最後まで楽しめるゲーム性を持っています。

 

【vs魂 DAMASHI魂】ダウト×スゴロク(サイコロ)の結果・優勝者

予選第1試合
  • バカリズム
  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 志田未来
  • 大倉忠義
予選第2試合
  • 濱田岳
  • 広瀬アリス
  • 井戸田潤(スピードワゴン)
  • 設楽統(バナナマン)
予選第3試合
  • 山崎弘也(アンタッチャブル)
  • 高橋克実
  • 福原遥
  • 平野紫耀(King & Prince)
予選第4試合
  • 山口智子
  • 木村拓哉
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 相葉雅紀(嵐)
決勝
  • 志田未来
  • 設楽統
  • 平野紫耀
  • 木村拓哉

見事、だまし魂のダウト×スゴロク初代王者となったのは木村拓哉さんでした。