ペルセウス座流星群2021福岡の時間と方角!穴場スポット3選

perseus

毎年8月に見頃を迎えるペルセウス座流星群。
今年は8月13日(金)に極大を迎えます!
しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と合わせて「三大流星群」のひとつです。

今年は8年に1度と言われる好条件が重なり
1時間に50個程度の流れ星が見られるチャンスです!

この記事ではペルセウス座流星群の
福岡での見頃・ピーク時間、方角、おすすめ穴場スポットを紹介します!

ペルセウス座流星群 2021年 福岡の見頃・ピーク時間

2021年ペルセウス座流星群の福岡のピーク時間・見頃時間は
8月12日(木)夜〜14日(土)の明け方です!
ペルセウス座流星群は多くの流星が観測できます。
その中でも一番のピークは 8月13日(金)の午前3時頃 になります!

流れ星を見るためには、明かりはなるべく少ない方が好ましいです。
そのため月明かりも少なく、未明〜明け方までが一番観測には向いた時間と言えます。

暗い状態に目を慣らすためにも、10分〜20分は明かりのない状態で
暗闇に目を慣らした状態で観測に望むことがオススメです🌃

今年は8月8日が新月のため、月明かりの影響も少なく絶好の環境です。
お盆休みの方も多いかと思いますので、この機会にぜひ天体観測を楽しんでください。

ペルセウス座流星群 2021年 福岡から見る方角

2021年ペルセウス座流星群の福岡から見る方角については
結論から言うと、どの方角からでも観測ができます!

ペルセウス座流星群は全体にまんべんなく見られますので
空が大きく開けた場所から、全体をひろく見渡すように観測するのがオススメです♪

周りに車のライトや明るい街灯が車のライトがあると
流れ星が見えづらくなってしまいます。

双眼鏡や望遠鏡がなくても、肉眼で十分に見られますので
街灯やビルの灯りなどができるだけ少ない暗い場所、
大きく開けた河川敷や高台などで見るのがベストでしょう。

ずっと首をあげて夜空を眺めていると疲れてしまいますので
レジャーシートや寝袋を用意して、寝転がって天を仰ぐのが良さそうです◎

  • 周りに街灯やビルなど人工の明かりがなく
  • 車が通らず、寝転がって天体観測ができる
  • 東西南北方角を問わず、ひろく空を眺められる開けた場所

そんなペルセウス座流星群を眺めるのにピッタリな穴場スポットもご紹介しますね!

ペルセウス座流星群 2021年 福岡のおすすめ穴場スポット3選

2021年ペルセウス座流星群の福岡のおすすめ穴場スポットを3つご紹介します!

1.高良山公園(こうらさんこうえん)
2.米ノ山展望台(こめのやまてんぼうだい)
3.星野村(ほしのむら)

それではひとつずつご紹介していきますね!

1.高良山公園(こうらさんこうえん)

住所:福岡県久留米市御井町

2.米ノ山展望台(こめのやまてんぼうだい)

住所:福岡県篠栗町大字若杉209 詳細リンク

3.星野村(ほしのむら)

住所:福岡県八女市星野村10816-5 詳細リンク

どこも夜景を見るには絶景のスポットですね🌌

標高が高い場所が多いので、事前に天気予報や気温を確認して
体調管理には十分気をつけて星空を楽しんでください🌠

ペルセウス座流星群 2021年 福岡のまとめ

ペルセウス座流星群 2021年は8月13日(金)午前3時ごろにピークを迎えます!
今年は新月で月明かりの影響も少なく、8年ぶりの好条件で観測ができます。
全方向に放射状に飛び出すような流星が見られますので
ぜひ、夜空を見に出かけて見てください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です