【画像】荒井祭里は結婚してる? コーチは瀬戸大也のお義父さん?!【動画あり】

荒井祭里

高飛び込み・荒井祭里(あらいまつり)選手がかわいいと話題!

荒井祭里Copyright© tv asahi All rights reserved.

五輪高飛び込み・シンクロ高飛び込み代表の荒井祭里選手をご存じでしょうか?

スポーツとしてあまり知名度があるわけでないため、テレビでもあまり特集されていません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

しかし、数少ないテレビ出演で荒井祭里選手のかわいらしさが目に留まった人は多いようです。

ネットではいま話題の人になっています。今回はそんな荒井祭里選手のプロフィールや素顔に迫ってみたいと思います。

荒井祭里のプロフィール

荒井祭里選手は兵庫県伊丹市、2001年1月18日生まれの20歳です。

身長150センチ、体重39キロと、比較的小柄な選手が多い高飛び込み界隈のなかでもかなり小柄な選手です。

家族構成としては姉、妹を含めた5人家族のようです。好きな俳優はムロツヨシ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

祭里という名前はお父さんが名づけたそうなのですが、「周りに人がたくさん集まりますように」という願いがこめられているそうです。

2020東京五輪では高飛び込みと、シンクロ高飛び込みに出業予定です。

荒井祭里の出身中学や高校、現在通っている大学は?

五輪代表として活躍する荒井祭里選手ですが、彼女が飛び込み競技を始めたのはなんと小学1年生の時。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

小学1年生で飛び込みに魅了され、JSS宝塚スイミングスクールに入ったそうです。ではそんな荒井選手は中学高校はいったいどこに行っていたのでしょうか。

荒井選手は兵庫県伊丹市の市立荻野小学校を卒業後、同市立の荒牧中学校に進学しています。この中学では3年の時に全国中学飛び込み大会で優勝しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

そして甲子園学院高等学校に進学。甲子園学院高校はスポーツ選手を多く輩出しており、同じ飛び込みの選手でも、馬淵優佳さんや、板橋美波さんらが同じ高校出身です。

なんと高校では高校総体で高飛び込み3連覇を果たしてしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

高校生にして、2017年には日本選手権で優勝します。中高どころか日本で敵なしだったようです。

現在は武庫川女子大学に在籍しています。そして2019年に世界選手権9位に入り2020東京オリンピックの出場枠を獲得します。

 そもそも高飛び込みってどういう競技?

高飛び込みの存在を知っていても、どういった競技かを知らない人も多いと思います。そこで少しだけ高飛び込みという競技のルールを説明させてください。

高飛び込みは飛び込み台から入水までたった2秒弱の間に、回転したり体をひねったりしながら技の美しさ、入水の綺麗さを競う競技です。

この2秒弱の演技にすべてをかけます。男子は6回、女子は5回の飛び込みの合計得点を競い、入水時の水しぶきが少ないほど高得点となります。

 荒井祭里が最も得意としている美技「ノースプラッシュ」

 入水時の水しぶきがほとんど上がらない入水のことを「ノースプラッシュ」といいます。

これは高飛び込みの選手たちにとっての一番の見せどころであり、高飛び込み競技の最も魅力的な部分の一つです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

荒井祭里選手は世界でもトップクラスの「ノースプラッシュプレイヤー」です。高飛び込み界隈では「ノースプラッシュガール」とも称されており、水しぶきの上がらない入水時の美しさはとても評価されています。その評価の高さは世界最強国・中国の選手にも負けていないと言います。

 荒井祭里のノースプラッシュ飛び込み

 そんな荒井選手の「ノースプラッシュ飛び込み」の映像があります。10メートルの高さから入水しているとは思えないような飛沫の少なさに驚愕しますよ。


https://www.youtube.com/watch?v=QRCokn_AhlA

荒井祭里の飛び込み競技成績

ここまで話してきた荒井選手の飛び込み競技成績はどのようなものなのか見ていきたいと思います。

  • 17年18年日本選手権連覇
  • 18年アジア大会5位
  • 19年世界選手権9位(女子での東京五輪内定第1号)

ここら辺が優秀な戦績を収めたものとなりますが、最近新たな記録を樹立しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

それが、5月5日に行われたW杯の準優勝です。東京アクアティクスセンターで開催されたW杯で、日本人初となる銀メダルを獲得したのです。

高難易度の技をあえて捨て、簡単な技を綺麗にしっかりまとめる戦略で五輪に弾みを付けました。

コーチはあの競泳瀬戸大也選手のお義父さん?

荒井祭里選手をここまで育て上げたコーチがどんな人なのか気になりますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

荒井選手のコーチは「馬淵崇英」さんという方で、なんとこの方、競泳で有名な瀬戸大也選手の義理の父に当たる人なんです。

というのも、瀬戸大也選手が結婚した飛び込みの馬淵優佳選手の父が馬淵崇英さんなんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

馬淵 優佳(@mabu0205)がシェアした投稿

馬淵優佳選手と言えば、先ほど紹介しましたが、荒井選手と同じ高校出身の選手でしたよね。競泳界はこういった形でつながっているんですね。

 馬淵コーチの指導

馬淵崇英コーチの指導は厳しいことで有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

その理由というのが、10メートルの高さから飛び込む恐怖心と馬淵崇英に怒られる恐怖心を比べた時に、飛び込んだ方が怖くないと思わせるためだそうです。

そんな指導を受けていた荒井選手ですが、コーチによると、本来とびぬけた才能のある選手ではなかったそうなんです。荒井選手は最初、普通以下の素質と思われていたようですが、コツコツと努力し練習を続け、五輪に出場内定するまでに成長したそうです。ここにくるまでにはコーチ指導の下、血のにじむような努力があったのでしょう。

荒井祭里は結婚している?

荒井祭里選手はネット上でかわいいと話題になっていると最初に話しましたが、まとめサイトでは画像のまとめなどもあるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒井祭里(@_matsubokkuri_)がシェアした投稿

そんな荒井選手が結婚しているのかどうかがネットではよく検索されているようです。

調べたところ結婚はしておらず、彼氏に関する情報もいまのところは全くありませんでした。五輪前なので、そのようなうつつを抜かしている暇もないのですかね。

 メダル獲得の可能性は?

オリンピックにはつきもののメダル話についてですが、荒井選手はW杯で2位になるなど、世界でも第一線で活躍している選手です。メダル獲得の獲得の可能性はもちろんある!と断言したいところなんですが、実はこのW杯、強豪国・中国の選手が出ていなかったのです。また、準優勝ながらスコアで言えば19年世界選手権7位相当。今後の練習次第でもありますが、強豪・中国を超せるかが鍵になってきそうです。

最後に

今回は荒井祭里選手についてご紹介させていただきました。荒井選手は高飛び込みでいま最も活躍している選手です。ぜひとも五輪でのメダル獲得に期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です