上野由岐子のジェンダーが話題?東京五輪初勝利!日本ソフトボール界のエース

上野由岐子

上野由岐子のプロフィール

上野由岐子COPYRIGHT©2012-2021 BicCamera Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

上野由岐子選手は福岡県福岡市出身、1982年7月22日生まれの38歳。

エースとして活躍している上野選手も40歳手前のベテラン選手。

未だにこうして第一線で選手として活躍しているのはやはり努力のたまものです。

驚きなのはそのタフネスさだけでなく、その数々の受賞歴。


アテネオリンピック銅メダリスト、北京オリンピック金メダリストであるのはもちろん、最多勝や最優秀投手賞、ベストナインを何回も獲得。

タイトルだけで通算30個近くも獲得しているんです。

完全試合は通算9回。紫綬褒章も受賞するなど、まさに生きる伝説となっています。

日本ソフトボール球界の至宝上野由岐子のジェンダーが話題?

そんな上野選手ですが、ソフトボールの五輪復活に際して、また昔にも取りざたされたある疑惑が上がっています。

上野由岐子COPYRIGHT©2012-2021 BicCamera Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

それが、『ジェンダーレス』『性同一性障害』本当は男性?』など、様々なジェンダー的話題です。

今回はそんな上野選手に関するジェンダー的な議論を、上野選手本人の意見を交えて見ていこうと思います。

 上野由岐子は性同一性障害?

 上野選手はその男らしさや、球界でのかっこいい姿からファンの間では「アニキ」という愛称で呼ばれています。

上野由岐子COPYRIGHT©2012-2021 BicCamera Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

上野選手のジェンダーに関する話題、特に『性同一性障害』なんじゃないかといった議論がされています。

結論から言ってしまえばそんなことはないようです。

かつてのインタビューで「少年野球のチームに入っていた経験もあるようですが、自分が男だったらよかったのにと思う経験はありますか?」

という質問に、「特にそうは思わなかったですね」と回答している。

また、12年前のイベントでは、赤いドレス姿で「最終目標はウエディングドレス」と語っていたほど、結婚願望が強いようです。

 過去には熱愛報道も・・・

 現在独身の上野選手ですが、かつては男性との熱愛の噂が流れたこともありました。

その男性というのがビーチバレーの選手・石島雄介選手です。そこまで公の報道ではなかったが、熱愛動画が流出しており、事実ではあるようです。

石島雄介Copyright ©The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

なぜジェンダー的な話題が飛び交ってしまうのか。

174センチの長身であったり、筋骨隆々のかっこいい肉体、マウンドでの凛々しい姿、38歳独身。

このようにスポーツ選手ならではの様々な要素やステータスが、こういったあらぬ憶測を呼んでいるようです。

上野由岐子COPYRIGHT©2012-2021 BicCamera Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

日本球界が抱えるジェンダー問題

実はジェンダーに関する話題は、日本球界が抱える問題でもあります。

上野選手のジェンダーに関する話題が出るのも、この影響が全くないとは言えないでしょう。

甲子園TM © Olympic Channel Services S.L. 2021 – All rights reserved

一昔前に話題になり、いまだにその議論は尽きない「甲子園のグラウンドに女性が立ち入ってはならない」という話し。

これは甲子園だけでなく、プロ野球選手に女性がなれないことなども問題視されました。

栗山巧Copyright © Seibu Lions All Rights Reserved.

西武の栗山巧選手がテレビのインタビューで、上野選手の野球に取り組む姿勢に感銘を受けたと語っていました。

一緒に自主トレを行ったことがある巨人・菅野智之投手も「学ぶべき点がたくさんある」と賞賛を惜しみません。

菅野智之© Bungeishunju Ltd.

わざわざ日本球界の選手たちがこのように言うのも、上野選手にプロ野球に今後関わってきてほしいというメッセージなのかもしれません。

関係者は、もし上野選手が引退したら、プロ野球初の女性コーチにという話も出るのではないかと言っています。

東京五輪でもジェンダーが話題に

東京五輪©公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会All rights reserved.

東京五輪でもジェンダーに関する重要な変化がありました。

なんと性別適合手術を受けた元男性ローレル・ハバード選手が女性としてオリンピックに出場するのだ。

トランスジェンダー選手の出場は五輪史上初。世間では「これはありか?」などと疑念の声もありましたが、紆余曲折ありつつも実現しました。

NZオリンピック委員会のケレイン・スミス最高経営責任者(CEO)も「彼女はトランスジェンダー選手のためのIOC(国際オリンピック委員会)コンセンサスステートメントガイドラインに基づくものも含め、IWF(国際ウエイトリフティング連盟}の資格基準を満たしている」との声明を出しています。

これからもどんどんジェンダーに関する規定や思想、思考などが変わっていきそうです。

上野由岐子のジェンダーが話題?まとめ

今回は五輪大会初戦で勝利を挙げたソフトボール五輪代表・上野選手の噂について紹介しました。

まだまだジェンダーに関してはみんなが知識や理解を深めたりなど考えることや知識をつけることが必要になりそうですね。

上野選手は違いましたが、今後、性同一性障害というので差別されないような社会になっていくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です