Foorinのメンバーは現在何してる?全員卒業は9月27日!

foorin アイキャッチ

米津玄師さんプロデュースの楽曲「パプリカ」を歌って一世を風靡(ふうび)した小中学生の5人組ユニット、「Foorin(フーリン)」。彼らの活動が9月27日をもって終了することが発表されました。

パプリカで一世を風靡した子役ユニットFoorinが9月27日をもって活動終了

「パプリカ」のミュージックビデオ(MV)が公開されたのは2018年7月。NHKの「2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクト」の応援ソングとして公開されました。米津玄師さんが作詞作曲、プロデュース振り付けは辻本知彦さんと菅原小春さんの世界的ダンサー2人が担当しました。この曲は、日本中の子どもたちが歌い踊る社会現象となっていましたが、ちょうど3年となる7月19日に「卒業」が発表されました。

Foorinの集大成「パプリカ あしたにたねをまこう!バージョン」の公開

18日からは「みんなのうた」で、集大成となる「あしたにたねをまこう!バージョン」が放送されています。そして19日には同バージョンの全編が一斉公開されました。今作のMVはFoorinのほかに、英語ネイティヴのFoorin team E、病気や障害のあるFoorin楽団、新世代の子どもたちが総出演しています。未来の世界で、皆なりたい自分になり、多様性をもって楽しく生きる姿を映像化しているということです。

MVを手掛けたのは、奧山大史監督。振り付けは、少し難易度の高いフォーメーションが加わったパワフルなダンスとなっているようです。この振り付けは2020年3月『みんなの卒業式』で披露されたものとなります。この3年で、大きく成長したFoorinが、全ての子ども達に届ける最後のプレゼントとなるようですね。

【youtubeで公開されたMVはこちら】

https://www.youtube.com/watch?v=u_lqvXs2vPQ

MVを手掛けた奥山大史監督からのコメント

奥山大史監督は今回の「パプリカ あしたにたねをまこう!バージョン」について、「『あしたにたねをまこう!』 Foorinが繰り返し唱えてきたこの言葉には、『みんなが夢を叶えられる世界になるために』という枕詞が隠れている気がします。そんなことを考えながら作ってみたら、あたたかい映像ができあがりました」と振り返っています。そして最後に「Foorinのみなさん、3年間、本当にお疲れ様でした!」と激励の言葉を投げかけています。

Foorinのメンバーは誰?

今更ですがFoorinのメンバーを皆さんはご存じでしょうか?なんとなく、子役の子たちが頑張っているというように見ているのではないでしょうか。実はメンバーには意外な経歴を持つ子もいるようです。そんなメンバーを紹介していきたいと思います。

吉田日向(よしだひゅうが)くん

一人目は吉田日向(よしだひゅうが)くん。東京出身、アイリンク株式会社に所属する2006年10月13日生まれの14歳です。Foorinではメインボーカルを務めています。ドラマでは「病院で念仏を唱えないでください」に主役の幼少期役で出演するなどの活躍をしています。夢はタップダンスで世界中の人と踊ることであったり、得意の詩や文章を書くことを生かして脚本を書くことであるようです。

Foorinのメンバーに選ばれた理由について米津玄師さんは「あまり染まってないところが魅力的に思えた。」「天然素材で無垢、ワイルドなところもあるし、歌い方もいぶし銀、声もいい。」と言っています。

住田萌乃(すみだもえの)ちゃん

次に紹介するのは住田萌乃ちゃん。兵庫県出身で、2008年3月29日生まれの13歳。所属する事務所はジョビィキッズプロダクションです。萌乃ちゃんもFoorinではメインボーカルを務めています。

萌乃ちゃんは、お母さんがDVDで見ていた『Mother』で芦田愛菜の演技に感銘を受け、3歳から芦田と同じ事務所に所属して子役として活動し始めたそうです。5歳の時に『たべものがたり 彼女のこんだて帖』でデビューし、それ以来、複数のオーディションに合格してドラマやCMに多数出演。『マッサン』『視覚探偵 日暮旅人』『奇跡の人』『恋はつづくよどこまでも』などの有名作にも出演しています。

池下リリコ(いけしたりりこ)ちゃん

次は池下リリコちゃん。出身地や生年月日で公式に明らかにされている情報は、12月30日生まれという事だけのようです。所属しているのはちせちゃんと同様劇団ひまわりで、舞台アニーにも出演している演技派な子役です。映画やテレビへの出演はあまり多くはないですが、主な出演作には『ゆとりですがなにか』『ディアーディアー』など、有名作が並びます。

楢原嵩琉(ならはらたける)くん

次に、楢原嵩琉くんです。2006年4月8日生まれの15歳です。趣味はスキーやスケートであったり、お城めぐり、歴史研究と活発なものから渋いものまでさまざまなようです。代表作はあまり多くないようですね。テレビでは『みいつけた!』、舞台では『氷川きよし特別公演 め組の辰五郎』、映画は『チェリーボーイズ Floating father』に出演しています。

新津ちせ(にいつちせ)ちゃん

最後は新津ちせちゃんです。東京都出身、2010年5月23日生まれの11歳、劇団ひまわり所属。この新津ちせちゃん、実はただの子役ではないのです。なんとお父さんがあの『君の名は』でお馴染みの有名アニメ監督・新海誠さんで、お母さんが女優の三坂知絵子さんなんです。2014年にミュージカル『ミス・サイゴン』のタム役でデビューして以来数々の有名作に出演しています。

特に話題となったのが、2017年3月公開の映画『3月のライオン』に新海誠の娘であることを伏せてオーディションに合格したことです。本作には川本三姉妹の末っ子・モモ役で出演。主演の神木隆之介さんや原作者の羽海野チカさんら関係者には知らされぬまま撮影に臨み、クランクアップ後に新海誠さんの娘であることが明かされました。

いまFoorinメンバーは何をしているのか

現在Foorinのメンバーはそれぞれ子役として活動しつつ、最後のステージに向けてFoorinとしての活動に没頭しているようです。この活動終了を機に子役を辞めて次のステージに行く子はいるのかと思い調べてみましたが、そのような子はいませんでした。

活動終了についてメンバーは

活動終了や今回発表された新MVに関してメンバーがそれぞれコメントしています。

「すごく寂しいけどFoorinでいられて本当に幸せでした! いつも支えてくださり応援してくださった皆様に心から感謝しています。新MVでは「大人になったFoorin!」 そして、未来への希望が伝わるといいなと思います。」――もえのちゃん

「もうみんなとパプリカを歌って踊れないのは寂しいけど、最後まで全力で元気をお届けします!未来へ向けて、皆で笑顔の“パプリカの花”を咲かせた最後のMV、ぜひご覧ください!心からの“ありがとう”を込めて。」――ひゅうがくん

「解散を聞き、素直に感じた事は「ついに来たか」と思い、それと同時に皆怪我など無く終われた事に少しホッとしました。この3年間はたくさんの人の力で出来たので、MVでは感謝の気持ちを持って撮影に臨みました。」――たけるくん

「この3年間、思いもしない大切な経験をさせて頂きました。これからは辛いこともあると思いますが、この経験があるから乗り越えていけると思います。新MVはキラキラした未来への希望を込めた、最高最強の作品です!」――りりこちゃん

「Foorinの活動は本当に楽しかったです!ありがとうございました!新MVは多彩で多様な未来を作りたいという気持ちで歌いました。これからも「パプリカ」がみんなの夢や挑戦の「たね」になれたらうれしいです!」――ちせちゃん

Foorinのラストステージはいつどこで?

Foorinのラストステージはいつどこになるのかですが、彼らの最後の花道として、Eテレで特番『あしたにたねをまこう! LIVE』が放送されます。『あしたにたねをまこう!LIVE』は9月27日(月)19:25から放送予定です。この特番では、「パプリカ」活動の軌跡を振り返るとともに、Foorinのラスト・パフォーマンスで、グランド・フィナーレを迎える予定となっているようです。HPではぼくの・わたしのパプリカというエピソードをメッセージで募集しています。ここに応募され、採用されたメッセージはなんと、特番で紹介されるそうです。

【HPの募集欄はこちら】

https://sports.nhk.or.jp/dream/song/episode/

まとめ

今回はFoorinの活動終了について、メンバーと彼らの現在の動向を追いました。今後Foorinが活動を終えてからの彼らはどうなっていくのか、その先も気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です