【芸能活動】深田恭子 適応障害でドラマ降板【休止】

深田恭子 活動休止

©2020-2021 The Sankei Shimbun. All rights reserved.

深田恭子 当面の芸能活動を休止

女優の深田恭子が適応障害と診断され、当面休養することを26日に所属事務所のホリプロダクションが発表した。

どうやら、昨年の春ごろから体調を崩しがちだったようで、今月に入り、医師から「適応障害」と診断されたとのこと。

治療に優先するために芸能活動を休む旨を発表。これにより予定されていた7月期のフジテレビ連続ドラマを降板することとなった。

Copyright © 2000-2021 CINEMATODAY, Inc. All rights reserved.

適応障害

とは、特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分 や行動面に症状が現れる症状を指します。
具体的には憂鬱になったり、必要以上に不安になったりすることが多くなり、涙もろくなったり、神経が敏感になったりするようです。また、無断欠勤や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。

また、うつ病と混同されがちだが適応障害とうつ病の大きな違いとして、ストレスから離れた時の抑うつ状態の持続が挙げられる。

うつ病の場合、ストレスから離れても「気分が落ち込んで何にもする気になれない」「憂鬱な気分」などの不快感なこころの症状が強くなり、うつ病のいくつかの症状が持続している状態が続くが、適応障害の場合、一般的には特定の辛いと感じる環境・状況から離れると症状が緩和されて、徐々に日々の生活に楽しみを見いだせるようになってくるなどの違いがある。

Copyright (C) 2019 飯田橋メンタルクリニック All Rights Reserved.

他にも適応障害やうつ病を公表した芸能人

・元アナウンサーの小林悠さん(適応障害)

Copyright(C) 2009 TOKYO-SPORTS, All Rights Reserved.

・ナイナイの岡村隆史さん(うつ病、パニック障害)

©Yahoo Japan

・IKKOさん(パニック障害)

© KEIHANSHIN Lmagazine Co.,Ltd.

その他にも

・キングコングの梶原さん(心身症)
・千原せいじさん(適応障害)
・King&Princeの岩橋玄樹さん(パニック障害)
・星野源さん(パニック障害)

など数多くの芸能人の方々が適応障害に苦しめられてきています。

まとめ
公表された方でも現在は克服をされ、元気に活動をされている方もいますね。
芸能人、一般人関係なく陥る病気でもあるので、この記事を見てくださっている皆さんも過度にストレスを感じたら原因から遠ざかりましょう。
深田恭子さんにも治療に専念していただき、笑顔で活動されている姿を見たいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です