小坂流加の死因は原発性肺高血圧症で中学や高校は?顔写真はある?

2022年3月4日に映画「余命10年」が公開され、話題になっています。

そして、「余命10年」の原作者である小坂流加さんが注目を浴びています。

原作者の小坂流加さんの死因は何の病気だったのか気になるという声が多くあがっています。

そこで今回は、小坂流加さんの死因は何かまとめました。

また、小坂流加さんの中学や高校、顔画像についても気になるといった声が多かったのでそちらも調査してまとめてみました。

是非最後までご覧ください。

この記事でわかること

  • 小坂流加さんの死因
  • 小坂流加さんの中学や高校は?
  • 小坂流加さんの顔画像はある?

小坂流加さんの死因は原発性肺高血圧症

結論から言うと、小坂流加さんの死因は「原発性肺高血圧症」という難病です。

原発性肺高血圧症とは?

原発性肺高血圧症は、心臓から血液を肺に送る際の静動脈の血圧が高くなる病気で、心臓や肺などの機能が低下することにより、さまざまな障害をもたらします。原因不明の病気のため厚生労働省が定める特定疾患に指定されています。

引用:原発性肺高血圧症の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー) (doctors-me.com)

小坂流加さんの死因である原発性肺高血圧症の症状としては

  • 息切れ
  • 胸の痛み
  • 失神

などがあるようです。

原発性肺高血圧症の原因は未だ解明されておらず、厚生労働省によって特定疾患に指定されている難病のようです。

なんと数万人に一人というかなり低い確率で患ってしまう病気なんですね。

小坂流加さんの死因である原発性肺高血圧症の原因について現在も研究されているようです。

小坂流加さんは、大学生の頃に死因である「原発性肺高血圧症」を発病しました。

20代~40代の女性に多い病気と言われており、当時大学生の小坂流加さんにとっては受け入れがたいことだったことでしょうね。

そして、今回映画化した「余命10年」の原作の文庫本の編集が終わった直後に小坂流加さんの原発性肺高血圧症の症状が悪化し、2017年2月27日に38歳という若さで亡くなりました。

小坂流加さんが執筆した「余命10年」は小坂流加さんの実体験をもとにして作られていたのではないかと言われています。

作中でも難病を患った20代の女性が主人公として登場しており、小坂流加さんに重なる部分が多くあります。

気になる方は是非「余命10年」の原作や映画をチェックしてみてください!

小坂流加の中学や高校はどこ?

結論から言うと、小坂流加の中学、高校は「加藤学園暁秀中学校・高等学校」だという事がわかりました!

加藤学園暁秀中学校・高等学校は静岡県にある中間一貫校です。

加藤学園暁秀中学校・高等学校の公式Twitterによって、小坂流加さんが通っていたことが明かされたそうです。

子どもの頃から小説を書くのが好きだったという小坂流加さんですので学生時代も執筆に没頭していたのかもしれませんね。

そんな小坂流加さんの顔画像はあるのでしょうか?

次で見ていきましょう。

小坂流加の顔画像はある?

結論から言うと、小坂流加産の顔画像は見つかりませんでした。

小坂流加さんについては詳しいプロフィールが公開されておらず情報があまりありませんでした。

ただ、4人兄弟の末っ子の女の子であったようです。

小坂流加さんは作家という事もありあまり表立ってメディアに露出することは少なかったようですね。

作品のイメージを守るために顔出しをしない作家さんも多いので、小坂流加さんもそういった理由で顔出しはしていなかった可能性もあります。

小坂流加の死因まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は大ヒット上映中の映画「余命10年」の原作者である小坂流加さんの死因について調査しました。

小坂流加さんの死因は難病の「原発性肺高血圧症」でした。

また小坂流加さんの出身校は、「加藤学園暁秀中学校・高等学校」であることがわかりました。

小坂流加さんの顔画像については見つけることができませんでした!

皆さんも「余命10年」を是非映画館や書籍でチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です