あたらよ YouTube再生回数1600万回以上! MV「10月無口な君を忘れる」 

あらたよ

あたらよとは?

10月無口な君を忘れる© 1996-2020, Amazon.com, 

2019年8月14日に結成されたバンドで、

デビュー曲の「10月無口な君を忘れる」という曲で知った人が大半だと思います。

https://twitter.com/Atarayo_band/status/1340645554477416453

結成のきっかけは元々シンガーソングライターとして活動していた関田ひとみさんの歌声に惚れたマシオさんと田中なおきさんがバンドに誘ったことがきっかけで「あたらよ」というグループが結成されました。

 

その後ベース役として君島たけおさんが加入し4人で本格的に活動しています。

あたらよ デビュー曲 楽曲一覧

あたらよ デビュー曲「10月無口な君を忘れる」

2020年11月28日にYouTubeにMV「10月無口な君を忘れる」が公開され2021年6月現在では再生回数1600万回以上を記録しています。

「10月無口な君を忘れる」の歌詞の中には別れる瞬間や別れた後などの心情を表した歌詞が書かれていて、共感した人が多いいのではないでしょうか?相手の優しさを知ってるからこそ辛さなど色々共感できる歌詞の多さだからこそ人気になったんだと思います。

2曲目「晴るる」

2021年4月28日にYouTubeにMV「晴るる」が公開され2021年6月現在では16万回再生記録されてます。

「晴るる」では冬から春への季節の変わり目が聞いてるだけで想像できるような歌ですね。

「10月無口な君を忘れる」とは違ってまたもや神曲だと思います。これからの伸びが気にな流ので今後も目が離せません。

あたらよメンバー簡単紹介

関田ひとみさん

あたらよのボーカルとギターを担当していてあたらよの軸である作詞作曲もしています。

曲の中に自分の実体験を混ぜながら作ったことにより、多くの人の共感を得られる曲が完成したんだと思います。

多くの人に共感できる曲を作り上げる才能は表現者、芸術者として素晴らしいですね。

技術あり、センスありのあたらよメンバーの中心的な存在。

マシオさん

あたらよのギターを担当!

『まーしー』という愛称でみんなから呼ばれてい

現在本名は公開されていません。

元々は少し激しめなギターの演奏をしていたそうです。

ひとみさんの曲とイメージが真逆だったので一見するとひとみさんの曲との相性が悪いのかなと思いましたが、逆にいい意味でひとみさんの曲にアクセントが加わり曲に色々な幅や抑揚が生まれ素敵な曲が完成しています。

 

君島たけおさん

あたらよのベースを担当。

たけおさんは高校生の頃から軽音楽部に入り音楽活動を行っていたそうです。

あたらよにはメンバー共通の知り合いとして紹介され加入の順番としては

最後に加入されたそうです。

 

田中なおきさん

あたらよのドラムをされており、『たなぱい』という愛称でみんなから呼ばれているそうです。

あたらよの他にも『underground Bears』というバンドの活動もされています。

ひとみさんの「10月無口な君を忘れる」を聴き

「この曲をアレンジしたらすごく良くなる」と

考えたことによりあたらよというグループがスタートしました。

実質あたらよを作ったとも言えますね。

あたらよの意味

漢字では「可惜夜」と書き

「明けるのが惜しいほど美しい夜」という意味があり

昔には万葉集でも詠まれていたようです。

あたらよ まとめ(感想)

デビュー半年でYouTubeの再生回数1600万回と驚愕的な数字を出していて、びっくりです。

まだまだ今後大きくなって行くグループなのでこれからの成長が楽しみです。

もっと色んな方に素晴らしい音楽グループあたらよが広まればいいなと思っています!

今後も応援させていただければ幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です