【情熱大陸】BTSやTWICEなどの振り付けを担当した振付師・RIEHATAのプロフィールや過去などを調査!

情熱大陸 RIEHATA アイキャッチ

情熱大陸で特集!

TBSで7月4日23:25〜放送の【情熱大陸】に大人気K-popアーティストのBTSやTWICEなどのダンスを担当したRIEHATA(りえはた)さんが出演します。

名前は聞いたことある人も多いとは思いますが、どんな人物なのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

今回はそんな謎多きRIEHATAさんについてまとめてみました。

調べていくうちに過去や誰の振り付けをしたのかなど、たくさんの情報を知ることができたのでぜひ最後までご覧になってください。

【情熱大陸】

スポーツ、演劇、音楽、料理、学術など第一線で活躍する人物・グループ(日本国内で活動する人物や、海外で活動する日本人、あるいは野球やサッカーなどスポーツチーム全体など)にスポットを当て、その人物・グループの魅力・素顔に迫る番組。

2010年1月3日に放送されたピアニストのアリス=紗良・オットを密着した回が、同年6月10日にアメリカ・ロサンゼルスで行われた第43回US国際映像祭のドキュメンタリー部門で「ベスト・オブ・フェスティバル」(大賞)を受賞した。

放送日の内容

K-POPアーティストからEXILEやクリス・ブラウン、レディー・ガガまで!!世界中からダンスや振付依頼が後をたたない、今一番カッコいい30歳

BTS,TWICE,NCTといった人気のK-POPアーティストを中心にしながらも、EXILEやクリス・ブラウン、レディー・ガガまで!!世界中からダンスや振付の依頼が後をたたないRIEHATA 30歳。

番組が初めてカメラを向けた日、彼女は世界初となるダンスのプロリーグ=”Dリーグ”のROUND9に向けたリハーサル中だった。2021年1月に開幕した”Dリーグ”は、9つのチームが全12 ROUNDを戦い抜き、上位4チームが7月のチャンピオンシップで初代王者に選ばれる。

RIEHATAは、「avex ROYALBRATS」というチームを率いて、優勝を目指していた。ダンサー兼ディレクターとして振付や衣装のみならず楽曲制作も手掛け、毎回違うアイデアを生み出してゆく。K-POP調の時には韓国人女性をスタジオに招き、自作の歌詞を翻訳。自ら歌まで唄うなど一切妥協をしないプロ意識が伺えた。

さらに”Dリーグ”の合間を縫ってGENERATIONSの新曲の振付をしたり、友人の HIPHOP歌手AIのゲストダンサーとして駆けつけたり…。明け方まで仕事をする日もあるが、2人の愛息子のため、朝7時には必ず朝食を作り学校へ送り出す。

いま、世界が熱い視線をおくるRIEHATAの超多忙な日々を見つめた。

TVer公式サイト引用

RIEHATA(りえはた)

1990年8月9日生まれで、日本人の父とフィリピン人の母の次女として新潟で生まれた。

中学校を卒業後、単身ロサンゼルスへ渡りダンスを学ぶ。

22歳の時に、膝の前十字靭帯断裂という大ケガを負って一時はダンスを諦めかけたが、手術・リハビリを通して逆境をはねのけたったの2年で復活。

唯一無二の圧倒的な表現力とキャッチーでユニークなダンスで、BTS,TWICE,NCT, RedVelvet、EXOといったK-POPを中心に、クリス・ブラウン、レディー・ガガ、EXILE、三代目JSB,AI、倖田來未、青山テルマ等世界中からラブコールを受けるダンサー・振付師。

 

この投稿をInstagramで見る

 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

RIEHATAの来歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

神奈川県内にある中学校を卒業後、単身ロサンゼルスへ渡りダンスを学ぶ。

ロサンゼルスで人気ダンサーであるLyle Benigaでのレッスンで彼女が踊る姿が撮影されたYouTube動画がアップされることがきっかけとなり、その後アメリカのストリートシーンで話題となっていたムーブであるドギー(英語版)などの最先端であるダンスを取り入れ、世界中から一気に注目を浴びる。

また、「SWAG」という単語や最先端のムーブに馴染みがなかった日本で流行りを生む一人ともなった。

2009年からスタートしたアメーバブログでは個性溢れるファッションスナップを始めとした、クールな私生活の写真を多くアップし日本のファンを虜にした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

2010年のレディー・ガガ来日時に行われた”MUSIC STATIONパフォーマンス”のバックダンサーオーディションに初の日本人ダンサーとして合格。海外ダンサーに引けを取らないオーラとヒールを使用したスキルフルなパフォーマンスが話題となる。

2012年、第一子である男児を出産。一時復活を遂げるがアーティストのツアーダンサーとして出演中に以前から怪我をしていた前十字靭帯を断裂。休養中、第二子である男児を出産。その後、手術・リハビリ・休養を行いダンサーとして再度復活を遂げる。ダンスシューズメーカーJADEとのコラボシューズや、自動車メーカーフィアットのキャンペーン動画への出演もこなす。

2014年にはAIのバックダンサーをDee(ダンサー)と務めている。2015年からはDeeと共にInstagram上からクリス・ブラウンと親交を深めたのち、ロサンゼルスにある彼の家で共に撮影したダンス動画や写真をInstagramへアップしダンサー以外の層からも大きな注目を浴びた。

2015年、クリス・ブラウンライブツアーのフィリピン公演にサプライズゲストとして招待を受け本人と即興ダンスを4曲に渡りパフォーマンスし共演を果たす。

2016年、クリス・ブラウン本人指名により”PARTY feat. Usher & Gucci Mane”のミュージックビデオに出演。振付を行ったダンスシーン以外にも冒頭、日本語を喋る大事な役として登場している。

2017年には全てのロケーションを日本で行ったオマリオン “Word 4 Word”のミュージックビデオに女性として唯一登場し圧倒的な存在感を残している。

2020年にはダンスリーグのD.LEAGUEでオーナチームのAvex ROYALBRATSをディレクタとして率いる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

振り付けを担当したアーティスト

“나쁜 기집애(THE BADDEST FEMALE)-CL(2NE1)(2013年)
“Show it off feat. Jim Jones & AI”-DJ LEAD(2013年)
“GET YOUR HANDS UP (YA-MAN EDIT)”-AI(2013年)
“Like it”-倖田來未(2015年)
“All The Way Up ft. French Montana, Infared”-Fat Joe,Remy Ma(2016年)
“Party ft. Gucci Mane, Usher”-Chris Brown(2017年)
“W4W “Word 4 Word”-Omarion(2017年)
“SIGNAL”-TWICE(2017年)
“Artist”-Zico(BlockB)(2017年)
“X-RAY feat. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE”-PKCZ(2017年)
“一生仲間”-青山テルマ(2017年)
“Right Now ft.Chris Brown”-AI(2017年)
MIC Drop – BTS(2017年)
“네가 돌아(NEGA DOLA)” – BOA(2018年)
“향(Scentist)” – VIXX(2018年)
“BOSS” – NCT U(2018年)
“We Go Up” – NCT DREAM(2018年)
“Regular” – NCT 127(2018年)
“TEMPO” – EXO(2018年)
Bad Boy – RedVelvet (2018年)
Anpanman – BTS(2018年)
Airplane pt.2 – BTS(2018年)
IDOL – BTS(2018年)
“Heads or Tails” – EXILE(2018年)
“해적왕(Pirate King)” – ATEEZ(2018年)
“G-energy” – GENERATIONS from EXILE TRIBE (2018年)
“DREAMERS” – GENERATIONS from EXILE TRIBE (2019年)
“BoyWithLuv” – BTS(2019年)
” 无翼而飞(TakeOff)” – WayV 威神V(2019年)
“Punch” – NCT 127(2020年)
“Monster”-RedVelvet IRENE&SEULGI(2020年)
“I’m not cool” – HyunA(2021年)
“Hot Sauce” -NCT DREAM(2021年)
“멋(the real)”-ATEEZ(2021年)

RIEHATAのSNS

【Twitter】

【Instagram】

 

この投稿をInstagramで見る

 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

【YouTube】

RIEHATAまとめ

これまで数々のアーティストの振り付けをしてきたRIEHATAさんですが、ケガや出産などいろいろな経験をしてきたからこそ今があるのかなと思いました。k-popアーティストの振り付けが印象的でしたがその他にもこれだけの振り付けをしてきたのも興味深いですね。次は誰の振り付けをするのでしょうか?注目ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です