結末を迎えた原作コミック『ただ離婚してないだけ』実写ドラマのキャストとは?原作との違いも!

ただ離婚してないだけ アイキャッチ

【衝撃の結末!ホントにドラマ化するの!】

タイトルからは想像もできないような展開の漫画『ただ離婚してないだけ』。2021年7月期、テレビ東京水曜深夜0時からの「ドラマホリック」にて実写ドラマがスタートします。原作は「ヤングアニマル嵐」や「ヤングアニマル」で発表された人気漫画。すでに完結を迎えました。

本作は、結婚7年目の冷え切った夫婦を軸に描くサスペンスドラマ。主人公が新聞配達員の女性と不倫をすることから人生の歯車が狂っていく様を過激に描いています。

今回のドラマ化が発表されたとき、原作ファンからはSNS上で、ホントにドラマ化するのかと話題になったほど。しかも主演を北山が務めるとあり期待の声も上がっています。

北山の妻に中村ゆりとキャスティングも豪華な『ただ離婚してないだけ』。気になるそのほかのキャストも含め紹介します!

【よくぞ揃えた個性派キャスト!原作に負けず劣らずの魅力満載!】

『ただ離婚してないだけ』に登場するキャストを一挙紹介!

<北山宏光(Kis-My-Ft2)/柿野正隆役>

1985年生まれ、神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属でKis-My-Ft2のメンバー。俳優としても活躍し、2019年には映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』にて映画初出演ながら初主演も務めました。テレビ東京のドラマ『ミリオンジョー』で主演を務め、本作でも同スタッフとタッグを組むことに。今回は非常に難しい役どころに挑戦しています。

そんな北山が演じるのは、主人公・柿野正隆。フリーライターで既婚。妻と二人暮らしです。新聞配達員の若い女性と不倫しています。そのことがきっかで最悪の事態を招いていくことに。北山自身も「うわ~、クズ」というくらいの正隆。彼がこの役にチャレンジするとは意外な気もしますが、役者としてはステップアップできること間違いないでしょう!

<中村ゆり/柿野雪映役>

1982年生まれ、大阪府出身。かつてはYURIMARIとして歌手活動をしていました。2003年より女優として活動。2007年には映画『パッチギ!LOVE&PEACE』にてヒロインに抜擢されます。2020年にはドラマで浅香航大とともにダブル主演を果たしました。

そんな中村が演じるのが、正隆の妻で小学校教師の柿野雪映。とても芯のしっかりとして女性。時に恐ろしいくらいに冷静です。

ふだんから落ち着いた雰囲気の役どころが多い中村。今回の雪映のイメージにはピッタリです。ただ、なかなか複雑な役どころなので、どう演じていくのか、女優としての力量が試されます。

<萩原みのり/夏川萌役>

1997年生まれ、愛知県出身。スカウトで芸能界入り。2013年、女優デビューを果たします。その後、多くのテレビドラマや映画などに出演し、2021年には連続ドラマ『RISKY』で初主演。同年、映画監督の内山拓也と結婚したことを発表し、公私ともに好調です。

そんな萩原が演じるのが夏川萌。主人公・正隆と不倫する新聞配達の女の子です。実写化が決定すると、萌役は誰かと最も話題になった役どころ。2021年、萩原にとっては大きな飛躍の年です。どんな萌をみせてくれるのか今から楽しみですね!

<深水元基/佐野義文役>

1980年生まれ、東京都出身。「MEN‘SNON-NO」などファッション誌のモデルとして活躍後、俳優に転身。映画やドラマなど数多くの作品に出演しています。自身が手掛けるオリジナルブランドのデザイナーとしても活躍し、幅広い活動をしている俳優のひとりです。

そんな深水が演じるのは、萌の彼氏を名乗る佐野義文を演じています。萌が新聞配達以外の仕事として働いていたガールズバーのオーナーで、萌との不倫をネタに正隆を強請ろうとしますが……。

その独特な存在感を武器にさまざまな役を演じてきた深水。貫禄も出てきた深水だからこその佐野を見ることができるのではないでしょうか。

<北川拓実(少年忍者/ジャニーズJr.)/夏川創甫役>

2004年生まれ、埼玉県出身。ジャニーズJr.のユニット・少年忍者メンバーとして活動。2021年3月には初演技であるにも関わらず、初舞台・初主演の舞台『火の顔』を成功させました。17歳という若さながら、過激な内容にチャレンジし高い評価を受けました。今後、俳優としても期待されています。

そんな北川が演じるのは、萌の弟・創甫です。少年院に入っていたヤンキー。両親が離婚し母に引き取られましたが、母が彼氏の所に入り浸っているため、萌が面倒をみています。

若手ながらその演技には定評のある北川。ジャニーズを代表する俳優として育っていくかもしれませんね。

<大原優乃/ほのか役>

1999年生まれ、鹿児島県出身。元Dream5のダンスメンバー。ティーンファッション誌のモデルも務めました。その後、俳優やグラビアモデルとして活躍。特にグラビアでの活躍は目覚ましく、2018年には第5回カバーガール大賞のグランプリにも輝きました。

そんな大原が演じるのは、萌が働くガールズバーの同僚・ほのかです。グラビアで培ったそのスタイルで視聴者も虜にしそう。今後は女優としてのステップアップも期待されている若手女優です。

<杉本哲太/仁科徹役>

1965年生まれ、神奈川県生まれ。元ロックバンド・紅麗威甦としてデビュー。その後は俳優として活躍。数多くの作品に出演してきました。シリアスからコミカルな役まで幅広くこなし、俳優だけなくナレーションやバラエティなど多岐に渡り活躍しています。

そんな杉本が演じるのは、佐野が借金をした相手で、執拗に取り立てるヤクザの仁科です。ベテラン杉本がどんな仁科を演じるか気になるマスね。

<山口祥行/藪浩二役>

1971年生まれ、東京都出身。ジャパンアクションクラブ出身でスタントもこなします。多くのヤクザ映画に出演。チンピラから親分まで幅広い役を演じています。そのほか、映画やテレビドラマなど数多くの作品に出演するベテランです。

そんな山口が演じるには、ドラマでは仁科の舎弟・藪です。原作漫画では、かなりひどい拷問をしています。

<西川可奈子/中浦菜穂役>

1985年生まれ、大阪府出身。舞台を中心に活動しながら、映画やテレビドラマに出演する実力派。本ドラマの監督・安里麻里監督作、映画『アンダー・ユア・ベッド』でヒロインに抜擢されました。本ドラマでも安里監督と再タッグを組むことに。

そんな西川が演じるのは、雪映の妹・菜穂です。原作漫画では、特にこれといった設定はありません。幸せそうな普通の主婦といった感じ。ドラマではどんなキャラクターになるのか、注目してみてください。

<武田航平/柿野利治役>

1986年生まれ、東京都出身。ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞受賞。仮面ライダーからNHK連続テレビ小説、NHK大河ドラマと幅広く活躍しています。テレビ東京ドラマでは、2011年のドラマ24『ここが噂のエル・パラシオ』で初主演を果たしています。

そんな武田が演じるのは、テレビドラマオリジナルキャラクターとなる柿野利治。正隆の弟になります。原作漫画では、正隆の家族構成は特に語られていません。ドラマでが、正隆の人間性に迫るような設定になるでしょうか。

<団時朗/柿野利通役>

1949年生まれ、京都府出身。日本人の父とイギリス人の母を持つハーフ。その容姿を生かして、モデルとして活躍。’70年代は特撮テレビドラマに多く出演し、『帰ってきたウルトラマン』では主人公を演じました。その後も多くの作品に出演。現在もなお、テレビドラマ、映画、舞台と精力的にこなしています。

そんな団が演じるのは、利治同様、テレビドラマオリジナルキャラクター、柿野利通。正隆の父親で柿野製薬の社長。家を継がずフリーライターをしている正隆との確執があるのか、気になる人物であります。ぜひ放送をチェックしてみてください。

<甲本雅裕/池崎康介役>

1965年生まれ、岡山県出身。実の兄はミュージシャンの甲本ヒロト。一度、サラリーマンになりますが、1989年から東京サンシャインボーイズに参加。劇団休止まで全作品に出演しました。その後は、テレビドラマや映画を中心に活躍。味わい深い演技には定評があります。

そんな甲本が演じるのは池崎康介。こちらもテレビドラマオリジナルのキャラクターです。

創甫がお世話になる少年課の刑事です。池崎の出演により、創甫のキャラクターも厚くなるのでは。どうなっていくのか期待大ですね。

【まとめ】

ドラマ『ただ離婚してないだけ』はテレビ東京ほかにて7月7日より放送開始です!余裕があったら、ぜひ原作漫画も読んでみてください。ドラマと漫画を比べてみると、より理解も深まることでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です