【徹底的に干す】平井卓也大臣 本人もやんちゃだが、子供もやんちゃ? 

平井大臣 アイキャッチ

定期的に問題を起こすことで知っている方も多いかと思う、平井デジタル担当大臣とその家族についてまとめました。

平井大臣が世に出したくないであろう息子たちや自身の過去のやらかしがたくさん出てきました。

早速たしかめていきましょう!

平井卓也デジタル改革担当大臣

直近の話題だと、やはり「徹底的に干す」「脅しておいて」のふたつは外せないですよね。

この言葉は東京オリンピック・パラリンピック向けに国が発注したアプリの費用削減をめぐり、請負先の企業を「脅しておいた方がよい」などと会議内で出た言葉で、それについての弁明がそんなこと思ってないだろという内容なので紹介します。

平井大臣の発言

「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」
「今回の五輪でぐちぐち言ったら完全に干す」
「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」
「脅しておいて」
引用元:朝日新聞

平井大臣の弁明

「交渉スタッフに檄(げき)を飛ばした。行き過ぎた表現があったかもしれない」
「国会で野党から、契約額が高いと迫られていた。自分も追い込まれていた」
「交渉するスタッフが弱腰になったら、いくら取られるかわからない。国民の血税だから強気で交渉しろ、と伝えた」
引用元:朝日新聞

本音だと感じたのは「自分も追い込まれていた」の部分だけだと感じるのは筆者だけだろうか。

 平井デジタル担当大臣プロフィール

なにかと問題のある平井大臣ですが、どんな人物なのかプロフィールを見ていきましょう!

平井大臣引用元:Wikipedia

・生年月日 1958年1月25日(63歳)
・出生地 日本 香川県高松市
・出身校 上智大学外国語学部
・前職 西日本放送代表取締役社長
・現職 自民党香川県連合会会長 衆議院議員
・所属政党 自由民主党

大学を卒業してからは超大手広告代理店の電通に入社

7年後の1987年には父親の平井卓志の後を継ぐ形で西日本放送代表取締役社長に就任。見事なコネである。

2000年に選挙に出馬し見事当選し、同年12月に自民党に入党。その後は国土交通省副大臣や自民党総務部会長、内閣府特命担当大臣などの重要ポストを任されている。

 平井デジタル担当大臣の問題行為

問題となった行為

平井大臣は過去にも問題となる行動や発言をしている。

・ネット党首討論会

ドワンゴが主催したネット討論会に出席した平井だったが、その場にいるにも関わらず自分の福島瑞穂議員へ「黙れ、ばばあ!」、討論会を欠席した橋本徹共同代表には「橋本、逃亡か?」などとスマートフォンから匿名で書き込んでいた。

当時の総理であった安倍晋三に対しては「あべぴょん、がんばれ」とエールを送った。かわいい。

これに対して平井大臣は「申し訳なかったが、(国会の)やじみたいなものだ。画面には流れていなかったはずだ」とわけのわからないことを述べている。

・衆議院内閣委員会

この日は検察官の定年延長の件で盛り上がっていたが、たぶん飽きたのだろう、野党議員と担当大臣との質疑中にタブレットでワニの動画を約5分間視聴していた。

これに対しては特に本人は弁明をしなかったが、衆議院事務局から質疑と関係のない動画を観るのは好ましくないと注意を受けた。関係してたら観ていてもいいのかは言及しないでおこう。

これは推測になるが、おそらく平井大臣の私服は「LACOSTE」と「crocodile」が大半を占めていると思われる。

平井デジタル担当大臣の家族は?

家族写真

ここまでは平井大臣のやらかしについてまとめてきたが、今度は家族に焦点を当てていこう。

なかなかパンチのあるお父さんだが子供たちも負けていない

 平井大臣の長男

まずは長男から。

2013年に西麻布にある行きつけのbarに行くが泥酔状態で店の備品を壊しまくっていた。
 
見かねた店は出入り禁止を長男に言い渡した。
 
すると、怒り爆発。
 
近くにあるbarを経営しているオーナーの家に突撃
 
「出て来いよ!」と叫びながらドアやインターホンを叩いていたが頭の切れるオーナーは速攻で警察に通報
 
駆け付けた警察官によってあっけなく、器物破損の容疑で逮捕されてしまった。
 
実はbarを経営していたのは【家庭教師のトライ】でお馴染みの会社。
 
トライグループ社長の平田修がやっていた店だったのだ!
 
さらには、この平田修さんは平井大臣の後援者
 
それはそれは父親にこっぴどく怒られたことだろう。

父親が支援してもらっている人の家に襲撃するという破天荒ぶりは父親譲りなのか?

ちなみに今は音楽関係のプロデュースをしているらしいが特に有名というわけでもない。

 平井大臣の次男

続いては次男だがこの話は当時の週刊文春に取り上げられていたそうだが、確信的な証拠がないためウワサ程度に見て欲しい。

次男が問題を起こしたのは高校生の頃である。
 
入学当初から金髪で入学するなどのやんちゃぶりを見せていて素行が良くなかった。
 
女友達も多かったらしく、父親が政治家ということもあり調子に乗ったのだろう。
 
3年のときに2年生をトイレに連れ込み血が出るほどに殴った
 
金銭を要求されたが払いたくなかったため黙っていると火のついているタバコを腕に押し付けられ、結局数十万円もの金をとられた。
 
脅された、上記とは別の2年生が1年生を脅して金銭を脅し取っていたが学校にバレると、そこから芋づる式に問題が発覚していき最終的な黒幕である次男が浮上した。
 
最終的には学校側が問題を掴み次男を自主退学として追い出した。

実は次男が一番最初に問題を起こしていると思われる。

次男の場合は、父親や長男と違い人に暴行を加えた上に根性焼きまでかます畜生っぷりで、一番やばそうな人物である

当時発売された文春の内容が余りにもショッキングだったため、少しでも炎上を抑えようと平井大臣は事務所のチカラを使って文春を買い占めた結果、神奈川県から文春が消える事件が起こったというウワサもある。

現在は父親がいた電通で働いてるというウワサがある。ウワサばっかである。

 平井大臣の長女

長女は現在、日本テレビで働いているようで、過去に問題を起こしたなどのやんちゃエピソードは今のところ出てきていない。

勤務態度はいたって真面目なようで、家族を反面教師にしていると思われる。

平井デジタル改革担当大臣のまとめ

平井デジタル担当大臣とその家族についてまとめてきましたが、やんちゃなのは男たちだけのようですね。母親と長女は相当な苦労してきたと思いますが、そろそろ慣れてきていそうでもあります。個人的に次男よりも長男のほうが政治家になりそうな予感がしていますが、この予感が当たるのか。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です