鹿児島太陽の子児童クラブで虐待!自己紹介出来ない女の子をカウントダウンで煽る鬼畜職員

Twitter上で児童クラブの初登校の日だった女の子が自己紹介の際に緊張して泣き出してしまい、職員たちがフォローせず煽る虐待・いじめ動画が話題になっています。加えて女の子は1時間立ちっぱなしの状態にさせられたようです。

いじめ・虐待動画撮影されたのは鹿児島県志布志市にある「太陽の子児童クラブ」です。太陽の子児童クラブはスパルタ教育で有名なヨコミネ式を取り入れている保育園とのこと。

【炎上動画】太陽の子児童クラブで自己紹介出来ずに泣く女の子を職員が虐待!

こちらがTwitter上で話題になっている太陽の子児童クラブで撮影された動画です。

[aside]太陽の子児童クラブ女の子虐待・いじめ動画の内容・経緯

動画が撮影されたのは鹿児島県志布志市の学童「太陽の子児童クラブ」。

動画で泣いているのは投稿主(父親)の娘。

娘は小学1年生になったばかりでこの日が初めての学童登校日だった。

自己紹介があり、初めての場で緊張してしまった娘は自己紹介できず泣いてしまう。

罰として1時間立たされる。

太陽の子児童クラブに通う高校生がその様子を動画で撮影

高校生が娘の父親(動画の投稿主)に報告したことで発覚。

[/aside]

撮影された当時、学童に通う子供の保護者はおらず太陽の子児童クラブの職員のみしかいなかったようです。また、一部聞き取れないところもありましたが、動画内での太陽の子児童クラブの職員の発言を抜粋しています。

※聞き取れない部分は「×××××」で表しています。

[aside type=”boader”]

女職員①:「大きい声で言え。みんなに伝えて。せーの。はい、はい。×××××先生のクラスに。はい名前は?名前は?」

女職員②:「15、14、13・・・」

女職員①:「ハハハ(笑い声)。はい言うて。はい、頑張れ~。私の名前は、はい。秒数が進んでいくよ。10、9、8、7、はい名前。6、5、4、3、2、1。はい0~。」

女職員②:「あ~あ」

女職員①:「××××させる。××××動かしてきなさい今日。はい決定。はい、ということであの新入生・・・いいんですかこれで?」

女職員②:「いいと思う。」

女職員①:「××××いいんだよね?言わないでしょ。言うの。言わないのどっち?言う?言う?言う?言わない?言わない?どっち~。どっちですか。」

男職員①:「どうするの?」

女職員①:「ねえ泣かない。」

女職員①:「はい、全員起立。」

男職員①:「遅い~。」

女職員①:「遅い~。」

[/aside]

太陽の子児童クラブの職員は初めての学童登校で緊張して泣いてしまった女の子をフォローするどころから、「早く自己紹介しないと」と煽るようにカウントダウンを開始。職員は誰も手助けすることなく全員が女の子に対して早く自己紹介するように攻めていたのです。

さらに、自己紹介が出来なかったことで女の子を1時間立ちっぱなしにさせる太陽の子児童クラブの職員。女の子を誰もフォローすることなく攻め続ける様子はまさに虐待・いじめを楽しむ鬼畜職員の集まりです。未来ある子どもにトラウマを植え付けるような職員たちは人間の心を持ち合わせてはいないのでしょうか。

カウントダウンいじめの職員は横峯吉文の孫

また、投稿した父親によると太陽の子児童クラブを辞めさせて娘さんを別の学童に通わせるそうです。娘さんの動画を見た投稿主は胸が張り裂けそうになり、泣きながら太陽の子児童クラブの責任者に文句を言ったとのこと。

[aside]娘さんの動画を見た投稿主(父親)の気持ちや今後の対応

  • 学童に乗り込むレベルだったが嫁の都合でこらえた
  • 学童の責任者が来たので動画を見せて泣きながら文句をを言った
  • 娘さんが1週間くらい前から楽しみに準備してたのを見ていたたので、動画を見た時胸が張り裂けそうだった
  • 何度みても子供の気持ち考えると涙がでる
  • 学童はほかのところに行かせる
  • 訴えることも考えている
[/aside]

 

太陽の子児童クラブはスパルタで有名なヨコミネ式の学童!

また、太陽の子児童クラブはヨコミネ式のたちばな保育園系列の通山保育園の学童です。ヨコミネ式は鹿児島県にある「たちばな保育園」で行われている教育法。たちばな保育園はゴルフの横峯さくらさんのおじである横峯吉文(よこみねよしふみ)理事長が運営されています。


(画像:横峯吉文理事長)

横峯吉文のプロフィール
  • 名前:横峯 吉文(よこみね よしふみ)
  • 生年月日:1951年3月1日

鹿児島県志布志市に社会福祉法人純真福祉会「通山保育園」を設立。 現在は3つの保育園と「太陽の子山学校演習場」、「太陽の子児童館」の理事長。

ヨコミネ式を取り入れている保育園・学童クラブはたちばな保育園だけでなく全国で400ヶ所以上あるとのこと。独特の教育法でこれまで数多くのスーパー園児を輩出。フィギュアスケートの紀平梨花選手もヨコミネ式の幼稚園を卒業されています。

[aside]ヨコミネ式教育法とは

「できない子なんていない、全ての子どもは天才である」を信念とし、これからの日本を担う子どもたちを、強く・たくましく・賢く育てるために『心の力・学ぶ力・体の力』を成長させ、すべての子どもたちを常識ある人間、良識ある人間、世のため人のため尽くす人間に育てることを目標

(引用:https://www.speakers.jp/)

[/aside]

しかし、その一方でヨコミネ式に合わない・ついていけない子どもが一定数いるのも事実です。スパルタ的な教育方法であるため虐待と指摘されたり、教育について行けない子どもの多くは辞めてしまうそうです。

実際、ヨコミネ式を取り入れてる保育園同士の対抗運動会ではブリッジ競争や逆立ち走り、前回り走りなどまるで軍隊がするようなレース競争をさせているのです。これでは一部の子どもが辞めてしまうのは不思議ではありません。

ちなみに太陽の子児童クラブがある鹿児島県志布志市では、子育てスローガンとして「安心して子どもを産み・育てやすい地域環境づくりを目指す」ことを掲げています。

[aside type=”boader”]

・次代の社会を担う子どもたちの幸せを第一に考え、子育て家庭が夢や自信を持てる生活環境づくりを推進します。

・安心して子どもを産み・育てやすい地域環境づくりを目指します。

・サービスの質の向上、情報公開の環境の整備を図ります。

・子ども自身による「子どもの視点」を大切にし、郷土を愛せる子どもが育つような環境づくりに努めます。

・仕事と生活の調和の実現に向けて、子育てを行っている家庭だけの問題ではなく、事業者と労働者や地域社会が一体となり取り組んでいくことを目指します。

[/aside]

太陽の子児童クラブのいじめ・虐待騒動を見る限り、残念ながら志布志市が子育てスローガンとして掲げている「安心して子どもを産み・育てやすい地域環境づくり」は実現されていません。それどころか子どもを育てにくい環境が一部であることが露になっています。

 

Googleレビューが「太陽の子虐待児童クラブ」に変更される!

太陽の子児童クラブの場所
  • 所在地: 鹿児島県志布志市有明町野井倉8457-1

Twitter上で太陽の子児童クラブの職員による女の子に対するいじめ・虐待動画が拡散されたことで、太陽の子児童クラブのGoogleレビューには批判口コミが殺到。評価も5点中1点前後を記録するなど虐待動画を見た人の怒りは収まっていません。

名前も「太陽の子児童虐待クラブ・志布志市のヨットスクール」と変更されています。

志布志市のヨットスクールについては愛知県知多郡美浜町にある戸塚ヨットスクールをもじったものでしょう。戸塚ヨットスクールでは1983年までに複数の訓練生がコーチなどから過度な指導・体罰を受けて死亡・行方不明になる事件が発生。

公に発表されたことで社会問題にまで発展しました。今回の太陽の子児童クラブでの女の子に対する虐待は、まさに戸塚ヨットスクールで起きたようなひどいものであったことから命名されたことが推測できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です