犬飼貴丈×堀未央奈W主演!実写化の『サレタガワのブルー』気になるキャストを相関的に紹介!

サレタガワのブルー アイキャッチ

【犬飼貴丈と堀未央奈がW主演に!】

マンガアプリ「マンガMee」にて連載中のセモトちかの『サレタガワのブルー』。その漫画を原作とした実写ドラマが、2021年7月13日より、TBS系深夜1時43分からスタートします。

主演は、『仮面ライダービルド』の犬飼貴丈と元乃木坂46の堀未央奈。W主演として、既に3億PVを超えた人気漫画のドラマ化に挑戦しています。

本作は、ある2組の夫婦を中心に、不倫を「された側」の夫と妻が、身勝手な「した側」の妻と夫に復讐を誓う物語です。原作漫画の過激さをどこまで実写で表現していくのか気になると同時に、「サレタガワ」の苦悩がきちんと描かれていくしっかりとした作品になることを期待したいですね。

【あの役のキャストは誰?相関的に紹介!】

『サレタガワのブルー』のキャストを相関的に紹介します。

<犬飼貴丈/田川暢役>

1994年生まれ、徳島県出身。第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにてグランプリを受賞し芸能界に。2014年のドラマ『碧の海~LONG SUMMER~』にて俳優デビュー。2017年には『仮面ライダービルト』にて主役に大抜擢され、テレビドラマ初主演を果たしました。その後も、映画にドラマに活躍しています。

そんな犬飼が演じるのは、主人公・田川暢。新進気鋭のグラフィックデザイナーとして在宅にて働いています。かなりの高給取りです。家事全般もこなす愛妻家。恋人を事故で亡くした経験を持っています。

今回はなんと妻に不倫されてしまう夫を演じる犬飼。優しい夫というのは犬飼のイメージにピッタリですが、復讐していく暢をどう演じるのか注目したいところです。

<堀未央奈/田川藍子役>

1996年生まれ、岐阜県出身。「ar」のレギュラーモデルで、乃木坂46の元メンバー。2021年、乃木坂46を卒業してからは、女優として活動しています。2019年に映画初出演にして初主演した映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』では、第22回上海国際映画祭のアジア新人部門・優秀女優賞にノミネートされました。今後の活躍が楽しみな女優です。

そんな堀が演じるのは、暢の妻・藍子です。可愛らしい妻を演じていますが、家のことは夫に任せきりで、作ってもらったお弁当も自分が作ったことにするなどずる賢い女性。会社の上司と不倫をしています。この役を演じるのが堀だということで話題に。どんな悪女をみせてくれるのか楽しみですね。

<岩岡徹(Da-iCE)/森和正役>

1987年生まれ、千葉県出身。5人組アーティストグループ「Da-iCE」のパフォーマー。そのLIVE演出なども担当しマルチな才能を発揮しています。俳優業も意欲的に取り組み、映画や舞台では主演を務めることも。また、社会人経験もあることから、クイズ番組などでも活躍しています。

そんな岩岡が演じるのは森和正。藍子の上司で不倫相手でもあります。幼い子供がいるにも関わらず、家庭を顧みず自分勝手な振る舞いばかりのモラハラ夫です。こんな最低な役を岩岡が演じるのは意外ですが、俳優としてのステージは一段階上がるに違いありませんね。

<高梨臨/森梢役>

1988年生まれ、千葉県出身。元アイドル。2008年の映画『GOTH』にてヒロインに抜擢。続く2009年にはドラマ『侍戦隊シンケンジャー』でもメインキャストとして出演します。イランの巨匠映画監督・アッバス・キアロスタミの『ライク・サムワン・イン・ラブ』では主演を務め、カンヌ国際映画祭に出席しました。同作で高崎映画祭にて、最優秀新人女優賞を受賞しています。映画やドラマなどで活躍し続ける女優です。

そんな高梨が演じるのは、和正の妻・梢。生まれたばかりの子供の母です。専業主婦ですが、夫から家事一切の手伝いはなくたった1人で子育てもしています。実力派の高梨が作品に関わることで、いい化学反応が生まれる予感。特にほかのキャストを牽引してくれるに違いありません。

<中田圭祐/久民浩平役>

1995年生まれ、神奈川県出身。「MEN’S NON-NO」のモデルとしても活躍。2016年にドラマ『毒島ゆり子きらら日記』にて俳優デビュー。その後、映画やドラマに出演を続け、徐々に実力をつけています。

そんな中田が演じるのは、暢の親友・久民浩平。みなから「たみくん」と呼ばれています。美容師を経営。つらい過去のある暢を支えてきました。中田としては、非常に当たり役なのではないでしょうか。

<希代彩/麻衣役>

1996年生まれ、東京都出身。ミスiD2017ファンタジスタさくらだ賞受賞。舞台やドラマ、映画を中心に活躍しています。2017年には映画『JKエレジー』で主演を務め、米スラムダンス映画祭にて優秀演技賞を受賞しました。独特の雰囲気を持つ女優です。

そんな希代が演じるのは麻衣。たみくんのお店で働く美容師。たみくんの彼女で同棲もしています。原作では、彼女もまたスタッフのカイと怪しい関係となります。ドラマではどんな麻衣なのか、希代がどう演じるのか。ぜひ放送で確認してください。

<染野有来/高橋ともみ役>

2000年生まれ、茨城県出身。第3回JUNON produce Girls CONTESTにてグランプリを受賞し芸能界入りを果たすことに。ドラマ、映画に出演し女優として活躍する一方、グラビアアイドルとしても人気を誇ります。同時期放送のドラマ『プロミス・シンデレラ』にも出演しています。

そんな染野が演じるのは高橋ともみです。藍子と同じ会社の後輩。和正の不倫相手のひとりです。藍子とはまた別のタイプの女性を新人の染谷が挑戦します。グラビアとはまた違った魅力をみせてくれるでしょう。

<加治ひとみ/吹田弁護士役>

1987年生まれ、東京都出身。26歳の時、TGA(東京ガールズオーディション)2014にて、アーティスト部門のグランプリを受賞し、28歳アーティストデビュー。
その後、健康的な食生活や鍛えられたボディに注目が集まり、各メディアに登場します。そのひとつ「腸活」が話題となり、さらなる人気に。

そんな加治ひとみが演じるのは、暢の離婚を担当する吹田弁護士。本作で演技に初挑戦するとのこと。活動の幅がますます広がっていく加治ひとみに今後も注目です。

サレタガワのブルー【まとめ】

『サレタガワのブルー』は、人気漫画の実写化ということもあり、各方面にて注目を集めています。放送で見逃した人は、MBS動画イズム、TVerほか各種動画配信サイトにて配信されます。そちらでぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です