【SKY-HI】ボーイズグループBE:FIRST落選メンバーの脱退理由と衝撃のその後

THE-FIRST

THE-FIRSTとは

THE-FIRST

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

皆さんは最近話題となったオーディション番組「THE-FIRST」をご存じでしょうか?

オーディション番組といえば「Nizi Project」が記憶に新しいかと思いますが、「THE-FIRST」は女性アイドルではなく、男性アーティストグループの結成を目的に始まったオーディションです。

ダンス&ボーカルグループ・AAA(トリプルエー)でラップを担当し、ソロアーティストとしても活動しているSKY-HI(スカイハイ)さんが自腹で1億円を投資した壮大なプロジェクトで、開催当初から大きな話題となりました。

「Nizi project」同様に日本テレビ系「スッキリ」で経過が報告され、ツイッターなどのSNSでもトレンド入りを果たしました。

このTHE-FIRSTは、様々な課題を与えられ、その課題を終える毎にメンバーが脱落していくオーディション方式でした。

いろいろな才能を持った人材が集まりましたが、最終審査に残ったメンバーはソウタ(20)、シュント(17)、マナト(20)、リュウヘイ(14)、ジュノン(23)、リョウキ(22)、レオ(22)、ショウタ(23)、ラン(19)、レイ(19)の10人。

今回はこの中から誰が選ばれ、落選した人はなぜ落選したのか、そして彼らの今後はどうなるのかについて調べてみました。

THE-FIRST最終審査の結果

THE-FIRSTCopyright © 2021 , HuffPost Japan, Ltd. All Rights Reserved.

THE-FIRSTの最終審査は当初5人が合格すると言われていましたが、実際に合格したのは7人でした。

その合格者というのが、ソウタ、シュント、マナト、リュウヘイ、ジュノン、リョウキ、レオの7人。ショウタ、ラン、レイの3人が落選となりました。

この合格者発表は『スッキリ』内で発表され、グループ名は「BE:FIRST」に決まりました。

この最終審査後の発表で、オーディションを主催したSKY-HIさんは「ただ売れるグループを作って頑張ろうということではなくて、日本という国から新しい価値観を明確に提示したいと思っています。音楽を与えられて、それをなぞるのがアイドルであったりダンス&ボーカルであるというような価値観から完全なる脱却をデビュー段階から果たしたいということを強く思っています」と力を込めて言いました。

またSOTAさんは、最終審査で落選した3人にも言及しました。

「ここにいる7人ももちろんそうなんですけど、僕がここにいられるのも、あの3人のおかげでもあって。あの3人がいたからこそ、僕たちのモチベーションは遥か高くまで上り詰めたものがあったので、その前に(4次審査で)落ちてしまった5人も、ずっと一緒に戦ってきたメンバーと、これからも一緒に戦う気持ちで、背負って頑張っていきたいなと思っています。日高さんが脱落した3人とともにいられる場所を作っていただけているので、確実にいい音楽を3人とも作っていけるように頑張りたい」と意気込みました。

脱落者の脱落理由は?

ショウタ、ラン、レイの3人が最終選考落選となりましたが、10人の中からたった3人だけ外れてしまったそれぞれの脱落理由について見ていきましょう。 

ショウタの脱落理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡邉 翔太(@shota_bmsg)がシェアした投稿

まずショウタさんですが、ショウタさんの脱落理由は、BE:FIRSTのメンバーとして輝いているかたちは容易に想像にしやすかったが、5年後のモチベーションに不安があったからだそうです。

SKY-HIさんによると「ショウタは音楽がないと生きられない、音楽と共存しているタイプの人間だと思います。5年後、音楽と関係ない仕事も増えるでしょう。」と言い、音楽と関係ない仕事の中で続かないと見たようです。またショウタさんはオーディションの中で、「グループでやるのは向いていないのかな?」ということも話していましたし、そういったことも要因の一つなのでしょう。

ランさんの脱落理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

RAN(古家 蘭)(@ran823_bmsg)がシェアした投稿

ランさんの脱落理由ですが、メンタル面によるものだと思われます。

SKY-HIさんはこの落選について「ランがBE:FIRSTにいる絵図も容易に想像することができます。華々しいランがいることがグループにプラスしかないです。実直にみんなと向き合ってきたのも知っています。ランがいないというパターンをあんまり考えないできました。しかし、最終的に気になるのは、どういう状況にあっても「自分はやることをやるだけなので…」という心の強さを感じられたのがソウタとした時に、最後の合宿のほうのランは見ていて少し心配になることが多かったです。今の状態で世の中の人の目を集めてしまったら、もっと大きくメンタルを崩すかもしれないなぁと思いました。」と言っており、今後活躍していくうえで、メンタルの強さが足りないと判断したようです。

ランさんがいることでチームを壊すというより、チームに入れてランさんが崩れてしまうことを恐れたのだと思います。

レイさんの脱落理由

レイさんの脱落理由は、オーディションに応募した時と今とのマインドが違うため、このBE:FIRSTに入ることが、必ずしも正解ではないとSKY-HIさんが感じたからだと言います。

SKY-HIさんは「レイちゃんの場合は、アーティストとしての自我が出来上がっているはずだと思う。レイがやりたい音楽の形というのは、おそらくオーディションを応募していた頃とはまた違うと思います。オーディション応募した時のレイと今のレイが、マインドの部分が違うのに応募時にイメージしていたグループに入ることが、必ずしも正解がどうかというと、ちょっと難しいかなという気がしました。一回レイが今後どういうアーティストとして、どういう形でどういう音楽をやっていきたいのか、ひょっとしてソロアーティストとしてバックダンサーをつけてやりたいのか、ひょっとして複数人でやりたいのか、やっぱりボーイズグループでやりたいのか、1度だけぐるりと考えてほしい。」とコメントしました。

レイさんは歌もダンスも未経験でオーディションに参加していましたが、オーディションのなかで周りから様々な刺激を受け、吸収し、すさまじい速度で成長していきました。

SKY-HIさんは今のスタンスの違いでレイさんを突き放したというよりは、急成長を遂げたレイさんの新しい可能性に期待しているようですね。

落選者の衝撃のその後は

BE:FIRSTのメンバーから外れた3人はこのまま終わってしまうのかと思われましたが、実はSKY-HIさんから衝撃のサプライズがありました。

それが、ショウタさんとのアーティスト契約、ランさんレイさんの育成生契約です。

ショウタさんはBE:FIRSTのメンバーからは落選したものの、その音楽性や、音楽を作る才能はSKY-HIさんによく認められており、BMSG(SKY-HIさんが立ち上げた会社)とのアーティスト契約が決まりました。

これを受けてショウタさんはこんな嬉しいことはないと言い泣き崩れました。

ランさんとレイさんはともにBMSGとの育成契約を結びました。

SKY-HIさんによれば、ランさんはもう少し長い目で見て、基礎的な(メンタル的な部分含め)部分を準備して再出発させたいと思っているようです。

レイさんは今後どういうアーティストになりたいのか、どういう形で音楽をやっていきたいのかを話し合いながら、デビューに向けて育成生期間を過ごすことになりそうです。

この二人が二人のユニットとしてデビューすることもあるのかもしれませんね。

【SKY-HI】ボーイズグループBE:FIRST落選メンバーの脱退理由と衝撃のその後【まとめ】

 

この投稿をInstagramで見る

 

BMSG Official(@bmsg_official)がシェアした投稿

今回はSKY-HIさん主導のボーイズユニットBE:FIRST落選メンバーの脱退理由と、彼らのその後について調べていきました。

今回落選してしまった3人も別な形でアーティストとして活躍していきそうです。

今後のBE:FIRSTの動向や、ショウタさん、ランさん、レイさんの動向にも注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です