『女の戦争』ロケ地はレオマリゾート!ドラマで使用したプールの写真など!

女の戦争 アイキャッチ

テレビ東京土曜深夜ドラマ「サタドラ」枠で、2021年7月より放送が始まった『女の戦争 バチュラー殺人事件』(以下、『女の戦争』)。

ミュージカル界の貴公子と呼ばれ人気を誇る古川雄大が主演を務め、総資産3,000億円の御曹司・鳴戸哲也を演じています。そんな古川演じる御曹司との結婚を狙う7人の美女たち。

この美女7人には、葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖という豪華女優陣が揃いました。

人気恋愛バラエティ番組「ゲット・ザ・バチェラー」に出演する御曹司バチェラーと7人の女性たちの愛憎渦巻くサスペンスドラマです。

【『女の戦争』撮影した場所は?】

このドラマの舞台となっている豪華ホテルが、香川県に実在する「レオマリゾート」。2021年でちょうど30周年を迎えました。この「レオマリゾート」にてオールロケを敢行。施設内の「ホテルレオマの森」「NEWレオマワールド」「オリエンタルトリップエリア」が登場します。

【『女の戦争』ロケ地のレオマリゾートってどんな所?】

『女の戦争』の舞台となっているレオマリゾートとは一体どんな場所なのか紹介します。

「レオマリゾート」は、いくつもの遊びを満喫できる一大リゾート施設です。

その内容は、プールや天然温泉を楽しめるリゾートホテル「ホテルレオマの森」、ライドアトラクション満載の遊園地「NEWレオマワールド」、アジアの世界的遺産を再現した「オリエンタルトリップ」、花の世界を体験できる「レオマ花ワールド」や光の演出を堪能できる「レオマ光ワールド」などがあります。とても1日では周りきることはできない広大な敷地いっぱいに夢の世界が広がっています。

ドラマ『女の戦争』の中では、女性たちが宿泊するホテルがこのホテルレオマの森となっています。ここには全天候型の屋内プールもあり、第2話で登場。主人公・哲也とトリンドル演じる麗奈、寺本演じるりおの3人が出演した朝のプールデートシーンで使用されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mayu(@mayu_u59)がシェアした投稿

そのほか、女性陣が哲也とのデートを賭けた薪割りやその薪割りに勝ち抜きデートをしていた場所はオリエンタルトリップ、女性陣がアトラクションを楽しんだ場所はNEWレオマワールドでした。ほかにも「レオマリゾート」各所が登場します。毎回どこが舞台になるのか、チェックしていつかロケ地訪問したいですよね。

【『女の戦争』ロケ地へ行くには?(アクセス情報)】

『女の戦争』のロケ地となった「レオマリゾート」への行き方を紹介します。

車で行く場合は、坂出・善通寺各インターチェンジから一般道で約25分となっています。府中湖スマートインターチェンジからは、一般道で約15分。

そのほか、JR琴平駅からはシャトルバスも運行中です。坂出駅、丸亀駅、岡田駅、栗熊駅などからは路線バスで行くこともできます。

また飛行機では、高松空港から大型バスの運行も利用することができます。

【まとめ】

ドラマの豪華なロケ地を見るだけでも、どこかリゾート地にでもいるような気分に浸ることができそうです。この場所での撮影ができたからこそ、描ける世界観なのでしょう。ゴージャスな世界観に豪華なキャスト陣が堪能できるドラマとなっています。

ドラマも折り返し地点まで来ました。この夢のような世界で巻き起こる愛憎劇。ぜひ、今後の展開もお見逃しなく。もし見逃してしまっても、動画配信サイト「Paravi」などにて配信中です。

また、今回紹介した「レオマリゾート」は大江戸温泉グループのひとつ。なかなか香川県に行くことができない人は、全国各所にある大江戸温泉グループの施設もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です