ザアザアってどんなバンド?ヴィジュアル系の次世代バンドを徹底解説!

ザアザア アイキャッチ

17日の有吉反省会に出演することが決まった、話題のビジュアル系バンド「ザアザア」

現在中毒者もといファンが続々と増えているという当バンドについて深堀していこうと思います。

ザアザアとはどんなバンド?

「ザアザア」は2012年6月から149月まで関西を拠点に活動していたバンド「Belmosaic」のメンバーを中心に、2014年10月から活動している。元は「サアサアセッション」というバンド名だったが、2014年12月から「ザアザア」として正式に活動を始めた。
バンド名「ザアザア」の由来は、覚えやすくてインパクトが大きく、一度聴いたら絶対に忘れられないような名前にしたいという思いからつけられたようだ。

メンバーは?

「ザアザア」はメンバーの経歴も超個性的だ。そんな「ザアザア」のメンバーをご紹介します。

Vo. 一葵(かずき)・・・出身は高知県、2月5日生まれで血液型はAB型、バンドでは作詞も手掛けている。影響を受けたバンドはMUCCでコーヒーやレッドブルなどのカフェイン飲料を良く好んで飲むそうだ。本人曰く多趣味であり、過去にはマジックザギャザリングというカードゲームにもはまっていたのだとか。
Gt. 春(はる)・・・香川県出身、1月11日生まれで血液型はA型。かつてはうどん屋の転調として働いていたが、一葵氏に誘われ、ザアザアを結成するために店長を辞任。本人曰く「うどんよりバンドの方がコシがあった」とのこと。
Ba. 零夜(れいや)・・・高知県出身、6月8日生まれ、血液型はAB型。影響をうけたバンドはDIR EN GREYや黒夢のようだ。実はヴォーカルの一葵氏とベースの零夜氏は実の兄弟。兄であるベースの零夜氏が、メンバーが集まらなかったため仕方なく弟の一葵氏をヴォーカルに誘うことから全てが始まったのだという。
Dr. 亞ん(あん)・・・長野県出身、3月26日生まれで、血液型はA型。旧メンバーのロ弍(ロジ)氏の代打としてサポートメンバーを経たのち、2017年9月17日に正式加入した。ムードメーカーであり、トークのMCを行うことも多い。亞ん氏はプロレスラーを目指していた過去があり、得意技はローリングエルボーだという。

どんな音楽?

「ザアザア」はその名の通り、降り注ぐ雨のような「悲痛さ」がよく表現された楽曲を演奏している。病みよりも深い絶望のような人間の感情を、生々しいメッセージ性で表現しているのが特徴だろう。壮絶さや、やり場のない気持ちのようなもの、究極のどん底から見えてくるものを表現する歌詞が多くみられる。楽曲としても感情の高鳴りのようなものを楽器で表現しており、全体的にかなり強い音楽が多いように感じる。

ザアザアの世界観

「悲痛さ」という話をしたが、実際どういった世界観で曲が紡がれているのか。「ザアザア」の楽曲はどれも短編集のようで、曲ごとに主人公が変わる。そして、その主人公が、その都度変わる心情を歌いあげているように表現される。
毎度変わる世界を綿密に表現出来るような彩のあるクランチトーンとメロディを主体としながらも、時にラウドにシャウトも交えつつダークな世界まで堕ちていく楽曲。どのような物語を繰り広げても根幹にあるのは、憤り、苦しみ、無力感など、負のエネルギーに満ちている。気になる楽曲は以下で是非とも聴いてほしい。

【ザアザアの楽曲:冷凍人間】

【ザアザアの楽曲:五丸五号室】

【ザアザアの楽曲:五月間】

【ザアザアの楽曲:五月病】

ザアザアの魅力

ザアザアには、ファンを魅了する3つの魅力がある。1つはボーカルの独自性。敢えて少し音程を外したような歌い方を用いることがある。一つ間違えば音痴と言われかねない手法だが、この歌い方を自分のものとし、オリジナルのスタイルを確立しています。

2つ目は表現の生々しさ。先ほども少し伝えたが、他バンドと比べてもボーカルが悲痛でグロテスクな歌詞や艶めかしい描写をリアルに表している。ボーカルの一葵氏が紡ぐ歌詞は直接的なだけでなく、そこにリアルな心情を伴うドラマや、広大な情景が浮かぶのである。

3つ目はV系ファンの心を掴んで離さない“V系らしさ”だ。ボーカルの声質が低音豊かで儚さと憂いを含んだV系らしいものであることはもちろんそうだ。しかしそれだけでなく、V系ファンが求めている、傷ついた自分のそばにいてくれる音や、現実を忘れさせてくれる色気とグロテスクさを含んだ異世界感。彼らはそれらを体現しているのだ。

これら3つの魅力はかつて時代を席巻した諸バンドにも見られる重要なファクターなのだ。

10月6日にはフルアルバムを発売

ザアザアは楽曲の制作スピードがものすごく速い。2020年12月発売のシングル「冷凍人間」がロング・ヒットとなり、4月に行われたKT Zepp YOKOHAMAでのワンマンライブも大成功のうちに終了。5月5日に発売されたコンセプト・ミニアルバム「五月病」が過去最高のセールスを記録する。シングル発売からミニアルバムまで、ライブをこなしながら、たった5か月間で制作するは異常ともいえるほどである。

そんなザアザアが早くもニューアルバム「失敗作」を完成させたという。フルアルバムとしては実に4年ぶりとなる本作は、全曲撮り下しからなる10曲を収録。アルバムに先駆け、毛色の全く異なるリード曲「10月5日月曜日、バラバラ」と「痣」をデジタル・シングルとして先行配信することも決定している。「失敗作」とは名ばかりの、自信に満ちたバンド史上最高傑作が完成したようだ。

今回の有吉反省会の出演はどういった内容?

今回の有吉反省会のラテ欄には、『「人間の闇」をコンセプトに結成!ファンは中毒者と呼ばれライブも毎回SOLD OUT▼なのに3/4がビジュアル系に飽きてしまった…本当はプロレスラーになりたい?!』と記されている。一体どういうことなのか?

どうやら4人中3人がバンド活動に飽きてしまったという。元々プロレスをやっていた亞ん氏は、ドラムで筋トレしプロレスラーになりたいと思っている。また、過去にうどん屋の店長だった春氏はうどん屋さんを経営したいと考えているようだ。さらにはメンバーのプロのゲーマとしてe-sportsに参加したいという欲望まで見え、ビジュアル系の初心はどこへ行ったのやら・・・といった番組内容らしい。

メンバーは出演について

メンバーはそれぞれツイッターで自身が有吉反省会というテレビに出演することを驚きとともに宣伝している。どうやらみっちり反省させられたようで、各々のツイッターでは、「みっちり反省してきました・・・」の文字が。気になるそれぞれのツイートは以下に!

【一葵(かずき)氏のツイート】

【春(はる)氏のツイート】

【零夜(れいや)氏のツイート】

【亞ん(あん)氏のツイート】

有吉反省会出演キャンペーン?

今回のテレビ出演に関して「ザアザア」のHPでは、『日本テレビ「有吉反省会」出演決定‼』という題のニュースを発表している。またその一方で、『有吉反省会出演記念キャンペーン』なるものも開催している。

このキャンペーンは、ザアザア公式Twitterアカウントをフォローし、指定のハッシュタグ「#ザアザア」「#有吉反省会」をつけてツイートを行うことで応募できるようだ。これらの条件を満たした人の中で、抽選で3000名にデジタルフォトをプレゼントするというものらしい。テレビ出演という事が、一大イベントとなっているようだ。

ネットの反応は?

ネットでは、以下のような反応が見られる。

「ザアザアが有吉反省会出るなんて嬉しすぎるーー!!何を反省してきたのかめっちゃ気になるけど 銀髪の零夜さんが地上波で見れるなんて…最高!!!」
「ザアザアが有吉反省会出るし春くんのヘアメがかわいすぎるし汗かいてきたし大混乱してるし誰か助けてください」
「だいすきな人事の部長が今月末で辞める話とザアザアが有吉反省会出る話が同時にきてもう情緒〜〜〜ザアザアの活躍があるからぎりぎりメンタル保ててるよほんとにありがとう」

このようにザアザアのテレビ出演に喜び、それぞれの推しのテレビでの姿を楽しみに待つ女性の声が多くみられた。

ザアザアまとめ

有吉反省会に出演するザアザアはヴィジュアル系バンドをあまり聞かない人にとっては馴染みがないかもしれません。そんな方でももしかしたら放送を見て中毒者になっちゃうかも?17日の有吉反省会、要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です