熊田曜子の不倫相手Xを文春が特定?不貞の証拠『ママバック』になにが!?

熊田曜子ママバック

熊田曜子©Yahoo Japan

先日夫からDVを受けていることで話題になったタレントの熊田曜子(39)
がまたもや世間に賑わいを起こすことに。
先日に記事でも紹介したのだが夫で会社経営の男性(38)A氏が
熊田曜子の不倫疑惑を入手していたのだが

今回雑誌で有名な「週刊文春」の取材を受けた夫A氏の証言により

不倫疑惑の証拠が明らかになる。

 

週間文春(c) Bungeishunju Ltd.

6月10日発売の「週刊文春」掲載予定。

熊田曜子、夫との現在の状況は?

先日までの情報によるとDV夫として各付けされたA氏は逮捕後2日で釈放となった。

熊田曜子ママバックCopyright © Samantha Thavasa Japan Limited All Rights Reserved.

熊田曜子(39)は被害届を取り下げることの条件として離婚と娘3人のお『親権』を
要求しているようだ。

熊田曜子ママバックCopyright © Samantha Thavasa Japan Limited All Rights Reserved.

夫A氏が沈黙を破ることになった『週間文春』への取材も

真実を知ってもらいたいという思いからだという。

熊田曜子不倫疑惑の証拠は?不貞行為の証拠も

熊田曜子 不倫証拠1

ノンストップ!© Fuji Television Network, Inc.

夫の証言によると熊田曜子(39)はフジテレビ番組『ノンストップ!』の生放送に出演しているのだが
普段放送は午前中に終わるはずなのだが午後遅くに帰宅していることが多く

手帳

今年に入り出演回数が増えたり手帳の内容に『ノンストップ!』の日には謎のハートマークが

ついていたりと不可解かつ浮気を臭わせるような行動が見られていたようだ。

熊田曜子 不倫証拠2

熊田曜子の不倫疑惑の証拠はそれだけに尽きない。

熊田曜子© 1996-2020, Amazon.com

『ノンストップ!』のスタッフX氏との浮気を疑っていた会社経営の夫は

知人に進められて自宅に録音機を設置し彼女が友人と電話で会話する様子を

録音することに成功している。

その内容いついてはこちらからどうぞ➡熊田曜子DV被害は被害は不倫が原因だった!?離婚を前提に協議も。

熊田曜子 不貞行為の証拠

不倫証拠3が熊田曜子(39)の夫が今回、証言した決定的な不倫の証拠だと
証言している。

熊田曜子氏がプロデュースしている『ママバッグ』。

外出の時に頻繁に使うことが多いいようなのですがなんとその中からとんでもないものが見つかったという。

会社経営の夫自身もそこまでのことはやりたくなかったそうだが、

『ママバッグ』の中からまさか証拠となるものが出てくるだろうとはおもっていなかったようで
驚きを隠せなかった。

熊田曜子ママバックCopyright © Samantha Thavasa Japan Limited All Rights Reserved.

DNA鑑定を行ったところ不貞行為の証拠となる物質が確認された。
果たしてそのDNA鑑定まで行った証拠とは何なのでしょうか。

熊田曜子 不貞行為証拠  追記

熊田曜子ママバック© 1996-2020, Amazon.com

熊田曜子(39)が自身のプロデュースする『サマンサタバサ』のママバックの中にひそめていたものはなんと『ウーマナイザー』であったことがわかった。

自宅にあるならまだしも外に持っていくのはおかしいとさすがに夫のA氏が彼女を問い詰めた際も『ママ友から教えられ自分で使っていた』と説明をうけた。

熊田曜子© 1996-2020, Amazon.com

PRも兼ねて頻繁に使用しているサマンサタバサのカバンに不貞行為に使用した『ウーマナイザー』が入っているとは思いもしなかっただけに
ショックやいろんな思いがありそうですね。

不貞行為に使用されたウーマナイザーとは?


ウーマナイザーとは小さい機械で先端の部分を女性器に当てながら

振動ではなく吸引する力によって

快感やオーガズムを得るために使用する器具。

夫A氏熊田曜子への思い

「夫婦の間で起きたことを語るのを控えてきたのは、子供への影響を考えたからです。上の子は小学3年生で、物事がわかり始める年頃。でも、あまりにも一方的に発信され、耐えかねるところがありました。これまでもDVがあったというのは嘘です。今まで彼女が家庭内のことを発信するのも、ママタレだからネタとして仕方ないと思ってきましたが、ユーチューブで子供たちを前面に出そうとしたときはやめさせました。今は、ママタレであることを何より優先させる生き方に疑問を感じています」

週刊文春より引用(c) Bungeishunju Ltd.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です